FC2ブログ

Monster2

.04 2019 comment(1) trackback(0)
『パンピスの森』が幕を下ろして打ち上げて、二日酔いの鈍い頭で朝からぼんやりと色んなことを想っている。

昔、まだ僕が小さかった頃、よく言えば、自分の感情にとても素直な子だった。
自分の中にある、訳の解らないモヤモヤやイライラややるせなさを、そのとき居合わせた人に、そのまま垂れ流してしまう、どうしようもない子だった。
例えば、友達と映画を観に行ったとする。
映画が終わり、映画館を出た時に見える現実世界の風景に、まずショックを受ける。
なんて所に戻ってきてしまったんだ、という嘆きのようなものが湧き上がってくるのだ。
そんなタイミングで、友達が、「なんか食べに行く?」などと、これ以上ないほどの超現実を突きつけてこようものなら、勇輔少年の不機嫌スイッチが、マックスのボリュームで入ってしまうのである。
不機嫌が呼び水となり、怒りにまで達してしまう。
可哀想な、お友達……
もちろん、45年も失敗を繰り返しながら生きてきたので、ある程度の社会性を手に入れ、今ではそんなことはないが、本質は変わっていないと自覚している。

この二日酔いの朝、映画館から出てきて見えてしまった、戻りたくない世界を見ているような感覚に、久々に陥った。
心が掻き乱される感覚。
ハッピーなパンピスの森の裏腹な世界が、しっぺ返しのようにやってきた感じ。

しかし、終わってほしくない、とか、パンピスの森ロスで寂しいとか、そういうのではなく、稽古中からずっと感じていたモノが原因だろうと思う。
だったら、少年時代の“それ”とは別物で、つまり、この感覚は、当時の“それ”とは別物か。
なんで映画館の話しをしたのだろう…
ま、いっか、話を進めよう。

今回、林愛夏ちゃんという、伸び盛りの若い俳優と共演した。
二人だけのシーンもあったし、結構、話もした。
お芝居の話なので、かなりビターな話にもなる。
パーソナルなところまで踏み込まなければならなかったり、演劇をやるって、タフな作業だ。

まぁ、そんな稽古場だった。

劇団員時代の、後輩との関係性が思い出された。
当時、とてもしんどいと感じていた。
人と関わり、モノを言うって、責任を伴う。
だから、先輩になるってしんどいと思っていた。
ましてや芝居を介した関係だから、余計に、だ。
劇団を退団して、大変なことも多いけど、とても心が楽になったのも確かだ。
好い加減でいられたから。
でも、今回の『パンピスの森』では、人にモノを言うという面倒くさい作業を、自分の中を掻き回す作業を、稽古中、そして本番中もずっとしていたと思う。
状況的に、劇団員時代のような感覚だったのかも。
だから、感じなくていいものまで過敏に感じてしまったり…
居合わせた人たちは、突発的な訳の分からない感情に自家中毒を起こしている僕と居て、戸惑ったかもしれない。

結局、本質は変わっていない……

ぼるぼっちょには三回目の出演なので、僕のそういう性質を分かっている主宰の安倍ヤスや碓井のナオちゃんは、いい具合に放っておいてくれるからいいんだけれど、初めましての方々には、本当に申し訳ない。
なんだか、そんな、もって行き場のない感情に、今朝は苛まれたのだ。
結局は、自分に対する苛立ちとか嫌悪感とか、そんなモノだ。
つまりはやっぱり、映画館から出てきた時に自分の中に起こっていた感情も、結局は、そんな自分に対する怒りだったのだろう。

自分はなんで芝居をやっているんだろう、って時々思うけど、この、どうしようもない自分をどうにかしてやりたいんだろうと思う。
ずっとこんなだな、自分。
7年前にも、こんなことを書いていた。

Monster

『パンピスの森』は、楽しかった。
結局は、芝居に助けられているのか……全てのタイミングに感謝。

関連記事
スポンサーサイト

Birthday

.16 2019 comment(0) trackback(0)
Twitterには、流さない想いを、こちらに。

5月16日は、誕生日でした。
実は、一年で、一番、孤独を感じる日。
なんだろうか、祝われれば祝われるほど、孤独を感じてしまう。
誤解があると嫌なんだけれど、祝ってくれて本当に嬉しいのです。
みんなが愛おしいし、幸福に包まれる。
だけど、嬉しさや幸福が強ければ強いほど、同時に、どうしようもない孤独感に苛まれるのです。

この感じは、なんだろうか・・・

自分の中には、まだ名前の無い感情やら感覚がひしめいていて、死ぬまでに、それらを認識してやれるのだろうか。

関連記事

ANGELRY2019

.09 2018 お知らせ comment(0) trackback(0)
今年も、この時期がやってまいりました。
ANGELAのダイアリー、ANGELRYの販売をいたします。
お待たせいたしました!
2019年版ANGELRYのデザインはこちらです!!

ANGELRY2019
ANGELRY2019商品画像1

ANGELRY2019商品画像2

ANGELRY2019商品画像3

ANGELRY2019商品画像4

見開き図
ANGELRY2019商品画像見開き

価格 1800円

今年のデザインは、今までのとは趣が違うような…
なんでなのかは分かりません。

ANGELRYのデザインをする時、いつも何も考えずに始めるんです。
土台になる画像を決めて、なんとなく浮かんだイメージをぶち込んでいく…

そしたら、今年は、こうなった
ってな具合です。

なんでしょうねぇ…
今年は二度目の「ANGELA in the ROOM」を経て、更に現在、来年2月にクローズするサラヴァ東京での、最後のVagabondのリハ真っ只中、という事が、このデザインに影響しちまったんでしょうね。
間違いございません。

ま、全てはタイミングですから。

個人的には、妙に気に入っておるのですよ、このコラージュ作品。
配色はこれがベストだと思うので、カラー展開は無しです。
選ぶ楽しさがなくてゴメンなさい。
買った人、みんなお揃いになるけど、ゴメンなさい。
でも、この配色以外浮かばないので、ゴメンなさい。

ということで、ご購入方法はこちら↓
ご注文、お待ちしてます!!

【スペック】
★B7版(128mm×91mm)
★見開き、月間予定表
★日曜始まり
★2018年12月~2020年3月
★主要鉄道&地下鉄マップ付

【ご注文方法】
以下の内容をご明記の上、下記メールアドレスまでご連絡下さい。
abraxas3311@gmail.com
<件名>
アンジェリー2019
<本文>
①お名前(ふりがな)
②返信先メールアドレス
③ご住所(商品発送先)
④お電話番号
⑤ご所望の冊数

*必ず全員に返信いたします。受信制限をされている方は、上記アドレスからのメールを受信できるよう設定をお願いいたします。
*お支払い方法は、ゆうちょ銀行へのご送金のみとさせて頂きます。クレジットカード決済はできません。
*送料、手数料として、別途200円が掛かります。尚、3冊以上ご注文の場合、送料が変わる場合があります。ご了承ください。
関連記事

ダンナー・ジェンダップ

.25 2018 お知らせ comment(0) trackback(0)
今年一月に出演させてもらった劇団ぼるぼっちょ。フォン・ノイゼン伯爵なる人物、否、幽霊を演じさせて頂きましたが、なんだかお気に召して頂けた方が大勢いらしたようで、有難うございます。自分でも気に入っております。
そしてこの九月、またまたぼるぼっちょしちゃいます!
劇団旗揚げ公演の演目だった『ダンナー・ジェンダップ』という作品。前回観た方はお気づきでしょうが、ぼるぼっちょ作品は、少しずつ登場人物やらエピソードやらがリンクしておりましてね(※もちろん初見の方も十分楽しめますよ!!)、一月の『ラ・ドンベラ・ナールシュット』にも登場した、ダンナー・ジェンダップという大泥棒が、今度の『ダンナー・ジェンダップ』では主役、というわけです。いずれ、『フォン・ノイゼン伯爵』という作品ができるのを楽しみにしています。
というわけで、今回、林はどんな役なのでしょう。ちょこっと聞いたところ、また人間じゃないかもって感じ。

7月1日からご予約受付開始です!今の内にご予定のアレンジを!!


劇団ぼるぼっちょ第4回公演
音楽劇 『ダンナー・ジェンダップ』
作・演出・作詞・作曲・振付=安倍康律

ルン・ルルボンの町は、緑が豊かで、綺麗な小川が流れていて、子供たちの秘密基地なんかも、当たり前にある、何のへんてつもない田舎町。
だから、当然、森の奥深くには、泥棒やら、何やらの隠れ家があるんだ。
いつだって、事件を起こすのは泥棒たちだ。
そして、その事件のほとんどが、あの忌々しい、ダンナー・ジェンダップの仕業なんだ…。

【出演】林勇輔、中村勇矢、蜂谷眞未、岡崎大樹、池田紳一、碓井菜央、安倍康律
【伴奏】杉田未央

【日程】
2018年 9月
7日(金)19:00
8日(土)14:00/19:00
9日(日)14:00/19:00
10日(月)14:00
11日(火)14:00/19:00
12日(水) 休演日
13日(木)14:00/19:00
14日(金)19:00
15日(土)14:00/19:00
16日(日)14:00/19:00
17日(月)14:00

【会場】
ザ☆キッチンNAKANO
東京都中野区弥生町5-20-1 弥生町ユニオンビル7F
※丸ノ内線「中野富士見町」駅より徒歩5分

【チケット】
2018年7月1日(日)午前10時より発売開始!
一般=3,500円(前売り、当日共通)
学生=2,500円(要学生証提示)

下記URL、「林勇輔専用窓口」をご利用ください!!

◆◆◆林勇輔専用窓口◆◆◆
https://www.quartet-online.net/ticket/boluboccho4th?m=0fgijgi

※劇団ぼるぼっちょHPからも、林専用窓口に飛べるようになってますよ。
※全席自由
※未就学児童入場不可
※チケット代金は会場受付にて当日精算となります
※チケットの事前発券はございません
※当日の受付、開場は開演の30分前
※開場前にお越し頂いても、お待ち頂けるスペースはございません
※当日、整理券の配布はございません
※当日券に関しましては、随時、ツイッターでお知らせさせて頂きます。
※会場スペースの関係上、スタンド花、アレンジ花を置く事ができません。お気持ちだけ、ありがたく頂戴いたします。
関連記事

辛抱

.24 2017 ほんのメモ comment(1) trackback(0)
辛抱が、辛さを抱えてしまっている状態だ、と思うと、しんどい。
辛さを抱きしめてやれる機会なんだ、と思うと、楽になれる。

今は、辛抱しよう。
いずれ来る、解放に向けて。
関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR