スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.18 2014 comment(0) trackback(0)
梅雨だというのに、15日と16日は快晴だとか……
劇団にとって、とても意味深い演目の公演真っ最中だとか……
休演日やマチネ終わりの日なんか、ほとんど設けない劇団らしからぬ公演スケジュールだとか……
縁の人達のほとんどが、何故か口を揃えて、「今だけ仕事が入ってなくて…だから来られた」と云うこととか……
………… …………

まるで、「みんなで俺を偲べ!」とでも云われているようだった。
はい、その通りに致しましたよ。
こんなことが無ければ、なかなか会えないような面々とも再会し、酒を呑み、あなたの話をし、大笑いしました。

死というのは、不思議です。
自殺だとか、戦死だとか、或いは殺されてしまったりだとか…そういう死ではなく……例えば、あなたの死は、負の感情を起こさせないのですね。
かと云って、喜んでいるわけでも、嬉しいわけでもないのだけれど……
更に云えば、悲しいとか、寂しいとか、そんな感情でもないのです。
だけど、やはり、涙が溢れましたよ。
なんと云うんでしょうね、この感じは。
生きている間は、そりゃ色々ありましたよ。
生きている人間同士ってのは、まったく面倒くさいですね。
死というのは、不思議ですね。

僕は、大学進学と同時に親元を離れました。
つまり、19歳でした。
そして今年、僕は入団19年目でした。
いつの間にか、親と過ごした年月と同じだけ、劇団でも過ごしていました。
なんでしょうね、この感じ。
おまけに、6月15日、お通夜の日は父の日でした。
でも、あなたのことは、父親だとは思っていません。
座長です。
でも、劇団は、家族のようなものだと感じています。
ということは、あなたはやはり父親のようなものだったのでしょうか。
いやいや、やっぱり、しっくりこないので、座長です。

仏様が手を合わせているように見えるから、喉仏と呼ばれるようになったという骨の欠片を、不思議な気持ちで見ていました。
本当に、そう見えたから。
手を合わせるという行為は、尊いですね。
だから、人は手を合わせるんですね、祈る時も、悼む時も……

座長…河内さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました――――――合掌。





スポンサーサイト

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。