スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場と激情

.23 2015 一日のこと comment(0) trackback(0)
数日前の事を書いておこうと思う。
朝、腐れ演(*腐れ演劇仲間の意)のともねぇ(大先輩に向かって失礼…でも敢えて)からの電話が鳴った。

「昨日、妹とナショナル・シアター・ライブの『二十日鼠と人間』観たんだけどさ、絶対観たほうがいい!」

と云う要件であった。
National Theatre Live(略してNTL)というのは、
オフィシャルHPによると――――――

演劇界最高峰のロイヤル・ナショナル・シアターが、世界で上演された特に話題となった最高の舞台を映画館へお届けする

――――――というもの。つまり、劇場という処で繰り広げられる演劇なるモノを映像に収め、映画館で上演するのだ。演劇を映像に収めた途端、それはもはや別物になってしまうわけだが、わざわざウエストエンドやブロードウェイまで行かずとも、名優たちの演技が観られるというメリットの方が、断然、勝ってしまうから観に行ってしまうのだ。



さて、電話口から伝わる興奮に感染してしまった僕は、めずらしく、一日の計画を立てた。
まず、NTLは都内の限られた映画館の限られた時間しか上映されていない。件の『二十日鼠と人間』は、日本橋か六本木ヒルズのTOHOシネマズの2ヶ所で、それぞれ18時過ぎからの開映。
ふむふむ……では、六本木に出向くとしよう!と決めた。なぜなら、ヒルズのギャラリーで、宇野亞喜良さんが個展をやっているのだ。なんとタイミングの好い!少し早めに家を出て、AQUIRAXワールドを堪能してからNTLと行こうじゃないか。むむむ…待てよ…………ならばならば!もう一本、いつ観に行こうかスケジュールをやり繰りしていたものがあったではないか!と、チラシをチェックする。なんと!マチネがある!!

♪この世で一番肝心なぁ~のは素敵なタイミングっ♪

と唄うのは、九ちゃんだけではない。
それから30分後に、僕は家を出た。



まず向かったのは、三軒茶屋はシアタートラム。
イキウメという劇団の公演『聖地X』が目的である。お客様の一人から勧められていた劇団だ。
無事、当日券をゲットし観劇。
とても面白かった!過去作品をDVDで観たことはあったが、やはり演劇は生で観るべきモノなのだと再確認した。作・演出の前川知大さんの感覚――――――とても、好きである。

トラムを後にした僕は、近くのドトールにポップイン。ミラノサンドCとアイスラテを注文し、暫し、『聖地X』を脳内反芻。

ところで、三軒茶屋から六本木は、どうやって行くのだろう……
東京に長いこと住んでいても、乗り継ぎなどは未ださっぱり分からない。ここで、取り出した小型液晶ガジェット。マナーよく、ドトール内で検索してから歩き出す。歩きながらの操作はしないのだ!よい大人のみんなもやめようね☝
三軒茶屋から六本木へは、一回の乗り換えで済むことにプチ感激してしまった。



六本木ヒルズに着くと、まずNTLのチケットを購入してから宇野さんの個展会場へと向かった。最終日だし、混むと困るので、早めに最後列の席をゲットしておくためだ。映画は、後ろの方の席で観るのが好きだ。ま、これは演劇だが……いずれにしろ、前の方の席では観ない。
エスカレーターを上がると、正面にAQUIRAXワールドの箱庭的なショーウィンドウがお出迎えしてくれる。これにはテンションが上がる。暫し、ガラスに貼り付いてからギャラリー内へ。
やはり、生はいい。微妙なタッチや色のニュアンスまで肉眼で楽しめるのだから。



さてさて、いよいよ『二十日鼠と人間』である。
一日は、これを観よ!というお告げから始まったのだった。つまりは、これが本日のメインイベント。しかし、思い立ったが吉日の勢いで組んだ前の2本がとても良く、ずっとテンションが上がりっぱなしだったので、少し疲れてきていた。しかも、最後のこれだけが、“生”ではないのだ。イキウメでも再確認したように、やはり演劇は生で観るのがベストなのだ。腐れ縁の女神のお告げはとても勢いのあるものだったが、あの女神、盛るクセがあるからなぁ……

が、しかし、そんなものは杞憂だった。
やられた…やられてしまったのだ!!!!!もちろん、映像に収めたが故の勿体無さはあるが、もはやそんなことはどうでもいい。役者……巧い…ぐぅあああ~~~~~~悔しい!!こういうのを見せられると悔しくなる。いてもたっても居られなくなってしまうのだ。久々の、この揺さぶられ感。ああ、悔しい。ラストシーンで流した涙は感動ゆえだけれど、後から後から悔しさが突き上げてきてしまう。

そんな僕が、そのまま真っ直ぐ家路に着けるはずもない。

久々の悔しさと、思い出してしまったロンドンの匂い(『二十日鼠と人間』はブロードウェイのものだったが…)にもっと浸っていたくて、俳優座劇場内にあるHUBへ直行した。酒場が劇場と共に在るのがイギリスっぽくていい。この激情は劇場でしか晴らせないのだ。
迷わずバスペールエール1パイントとフィッシュ&チップスを注文。高いけど構うものか!フィッシュ&チップスも、なんだかニュアンス違うけど、この際、構わない!!数日前には誕生日を迎え、いまや立派な厄年、もとい、役年なのだ!!金は無いっ!それがどうした!今は、バスペールエール1パイントとフィッシュ&チップスがどうしても必要なのだ!!

しかし、少しは大人になったようだ。
なんと!見事に、ビール一杯だけで歯止めを効かせたのである!!

















家に帰ってから、飲み直したけど……

049.jpg

スポンサーサイト

とりあえず……

.28 2012 一日のこと comment(6) trackback(0)
終わった―――――
先ずは、居合わせてくれた皆様に、そして、タイミングが合わず来られなくとも、想いを飛ばしてくれていた皆様に、心からの感謝を飛ばし返したいのである。

足らない点を挙げ始めたらキリが無いが、やはりやって良かったと思う。
圧倒的に足らない自分の情けなさは、一先ず脇へ置いておくとして、やることでしか見えてこないであろうものたちが見えてきたのだから、これは、やはりやるべきだった。

先程、家に辿り着き、頬杖をついた。
異変に気付く。
少なくとも、昨日までは手のひらに在った感触が…ない。
頬の肉の感触が…
一日で、こんなにもこけて無くなるものなのか…
これも、やってみなきゃ分らなかったことの一つ。

明日(っていうか、もう今日!)は今年最後の満月―――――高く飛ぶためには、先ず身を小さく屈めるものだという。

とりあえず、少しゆっくりして、来年からの更なる試練に備えるとしよう。

IMG_0833[1]_convert_20121228032741

Sixth Sense

.16 2012 一日のこと comment(3) trackback(0)
神よ!昨日、わたくし林勇輔は、とんでもない罪を犯してしまいました。

朝から半日、PCの前に座りっぱなしでのデスクワークに疲れ果てていた私は、自炊を放棄し、夕暮れの我が町を、夕食を求めフラフラと彷徨っておりました。まだ開拓していない、気になる店が数多あり、どの店にすべきかすっかり迷ってしまっている私の足を留めさせたのは、商店街の中ほどに在る、と或るカフェでした。店頭の写真つきメニューに見入ってしまったのです。

確か、この店がオープンした1、2年前は、まだこんなにフードメニューが揃っていなかったはず…すごい進化……

カフェにしてはとても豊富な食事メニューと、とても美味しそうに“みえた”その食べ物たちの写真に誘われ、お洒落なドアをくぐり抜けたのでした。その時です。私を迎え入れてくれたお店の方の笑顔を見て、「ん?」と感じてしまったのでした。なにか臭うぞ、と。

もしかして、この店は、私の波長とは合わないのではないか……?

しかし、この段階では確信など伴わない、第六感的なものでしかありませんでした。
空腹に苛まれている私は、倒れこむように席に着き、散々悩んだ挙句、ビーフストロガノフを注文しました。サラダ、スープ、ライス、そして珈琲まで付いて850円也!懐に空っ風が吹き荒れている私には、有難いコストパフォーマンス!!
しかし、サラダとスープがサーブされた瞬間、二度目の「ん?」が訪れたのでした。今度は、かなり確信に近いものを伴って―――
サラダを一口食べて…「えっ('_')」
スープを一口啜って…「た、助けて~\(◎o◎)/!」
不味い!不味過ぎる!!サラダは、キャベツの一番外側の青虫が食べる、やたら濃い緑色の硬い葉っぱ部分を千切りにしたヤツに、ドレッシングを水で薄めたような、味のない汁がかかっている。食感は、ゴワゴワモソモソ。
スープは、恐らくコンソメスープなのだろうが、限りなく水に近い。ほとんど無味。しかも、ぬるい。
この時の私は、次に訪れるであろう恐怖に震えておりました。

ま……まさか

そして、とうとうその時がやって来たのです。
目の前に、真打ビーフストロガノフが満を持して登場した時には、想像を絶する光景に声も出ませんでした。なんと、そこには、全国展開している激安牛丼チェーンの牛丼に乗っかるはずであろう、縮れた牛肉の細切れが、琥珀色の汁に浸かっているではありませんか!!こ、これがビーフストロガノフ!?

嗚呼、そうとも、そうだともさ!激安牛丼には、この肉じゃなきゃならない!が、しかし!!ビーフストロガノフという代物には、この肉では力不足ではないのか!!!

空腹に、そして何より、値段に負けた己に一瞬腹を立てもしましたが、残酷なことに、人間には好奇心という悪魔が憑りついているのです。

一体…ど、ど、どんな味がするんだろう……

私は、恐る恐る“それ”を口に運び入れました。

!!!!!!!!!!!!!!!!!

途端、私は、鳴ってもいない携帯を耳に押し当て、
「あ、もしもし、え?嘘!?」
と、店外へ飛び出しました。暫くの後、再び店内へ。そして店主に、
「ごめんなさい!すぐに行かなくちゃならなくなって。残しちゃって申し訳ない」
と告げたのです。ちゃんと払うつもりでしたが、私の嘘を信じた店主は、食後に出てくるはずだった珈琲代を差し引いてくれました。

おお、店主よ!心優しき店主よ!しかし、不味いのだよ。間違いない、いくら安いからと云っても、これは、客から金を取って出す代物ではない。

おお、神よ!お赦し下さい!!こんな行動に出たのは、私の生涯でも初めてなのです。食べられるものがあることだけで幸福なはずなのに……
しかし、あなたが私にお与えになった第六感は確実に信じてよいのだと、今回のことで確信いたしました!学びました!ありがとうございます!!ヴィヴァ!シックスス・センス!!!


最後にもう一つ―――節約するはずだった私は、この店を飛び出した後、ビールジョッキを片手にファーストフードではない、ちょっといいハンバーガーを貪ってしまいました。涙が出ました。美味しかったです。罪深き私に、ご慈悲を!

終わりと、始まり

.28 2012 一日のこと comment(3) trackback(0)
2012年3月4日(日)―――――2011年の暮れに、総てに行き詰まった感を自覚し、誰かの企画に乗る形ではなく、どんなにショボくてもいいから、自分が発信しない限り、「“次”なんて永遠に無いぞ!」という内なる声の下、『林勇輔の声溜め~The LIVE~』を決行した日。結果、今まで見えてなかったものに気付かされ、色々な意味で腹を括らせてもらえた、と実感している。

言わずもがな、これを実現する為には、暗中模索の連続だった。
先ず、初めにやらなければならなかったのが、場所探し。
これまでに、様々なライヴハウスや劇場でお世話になってきたが、それらは総て、誰かに宛がってもらったものだった。
今、自分が模索しているものは、そこを頼りにしてしまうと、途端に崩れ落ち、途方もない砂の山が目の前に立ちはだかる結果になるだろうという予感がしていた。

そんなどん詰まりの、今年、2012年の始め、首都圏には雪が降り積もり、交通機関も制限されてしまった、あの日………僕は、何故だか大好きで波長が合うと勝手に思っている阿佐ヶ谷の町を、彷徨っていた。
ひょっこり入った、駅前のライヴハウス。
大雪のせいもあって、客は、僕と常連らしき男性のみ。
しかし、雪が増々猛威を振るうというので、間もなく、その常連さんも家路についた。
店内には、僕とママさんだけになった。

改めて、店内を見回す。
大きさは、ちょうど好い。
自分がやろうとしていることは、とても、パーソナルなニュアンスを孕むだろうから、端から大きな処でやるつもりはなかった。

ママさんは、呑み屋のママにありがちな、所謂、詮索好きな人種…ではなかった。
故に、会話はポツリポツリと続いてゆく。
僕は、ジンのロックをちびちび。
いくら相手がNosy Parker(詮索好き)でなくとも、僕の目的は場所探しなわけだから、話の方向は、自ずとそちらへ向いてゆく。

「実は、役者やっててね……」

「……だと思った」

以来、話は早かった。
この察しの良い、デリカシーのあるママさんとの出逢いに、一気に背中を押してもらい、僕の初セルフプロデュースは実現したのだった。
あれ以来、忙しさもあり、お店に赴いていなかったのだが、色んなタイミングが合った今日、やっと“あの店”へ行ってみることにしたのだ。

店の前に辿り着く………なんだか、趣が違う。
店名が…違う………

ショックだった。
違う店に様変わりし、カウンター内に立っているのは、あのママではなく、見たこともないマスターだった。
店に入る気にもなれず、そのまま家に帰り、PCを作動させ、HPを開いてみる。
今年、2012年4月いっぱいで、閉店。
その告知は、3月9日―――――僕の初ソロライヴの5日後だった。
ということは、ライヴ当日には、お店が向かっている先は、決まっていたはずだ。
やはり、僕が感じた通り、ママさんはデリカシーのある人だった。
あの時、お店が近々閉店するんだと聞かされていたら、なにか、違うものが作用しただろうから……
寂しさと同時に、僕は、自分の“出逢い運”の良さを信じていいんだと思った。

総ての巡り合わせとママさんに、感謝します。

2012年3月4日(日)―――――【阿佐ヶ谷MIX】というお店で、僕が、やっとスタートを切った日。
!今、気づいた……“20”以降が“1、2、3、4”だ………

一つずつ、着実に重ねているんだと、信じてみよう…………と、思った。




<お店のHPより>
よく聞かれるのが、店名の由来
多種多様の趣味や人をミキシングするのが私と店の仕事、ミキサーな訳
新しい出会いの毎日が始まって、少しずつ奏であい
心が上手くMiXしますように
ヨロシクネ!!

kikuko mama
阿佐ヶ谷MiX since 2006.6.25

とりあえず、幕。

.29 2012 一日のこと comment(0) trackback(0)
企業破綻すること、21回。
大阪、名古屋で各2回ずつの破綻が控えているものの、とりあえずの一段落である。

明日からは、物の怪たちが艶舞する、鏡花の世界へ―――――




打ち上げ会場に並ぶ、前菜たちの図。

004_convert_20120429211208.jpg

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。