スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当たりの手前

.30 2012 或る物語 comment(0) trackback(0)
此処は、とても小さく平和な町。
今日も、平和の歌が聴こえている。
此処に住む誰もが知っている、歌。
何故知っているのか、何故歌うのか、誰も何も知らないけれど、平和の歌を歌っている。

町の外れには、小さな祠の在る森が、鬱蒼とした影を落とす。
祠には“アタリ様”が祀られているので、
この不気味な森は“アタリの森”と呼ばれている。
アタリ様とは、どうやら恐ろしい魔物らしいこと以外、誰も何も知らない。
実際、森に出掛けたきり帰って来た者は居ない。
賢者は云う。

「森に行ってみようなんて考える者は、魔物に憑りつかれておるのじゃ。正気の沙汰ではあるまい。クワバラクワバラ」

君田貴方(きみだあなた)さんは、この町に住んでいる。
貴方さんは、平和の歌を歌っている。

        ざわざわざわ…………ざわざわ…
     …………に、心アタリはございませんか?…
       ざわざわ…ざわざわざわ……


と、森の木々を揺らす風が囁きかける。
でも、貴方さんには平和の歌しか聴こえない。

       ざわざわざわ……
     平和の歌しか聴こえないフリをする……


だって、何故かは知らないけれど、この町に住んでいるから。
何故かは知らないけれど、アタリの森は怖いから。
何故かは知らないけれど……
此処にこうして居さえすれば、これからも平和に生きていられる。

      …………
        平和のつもりで居続けられる
      ざわざわ……ざわ
        ざわざわ…


アタリの手前に居さえすれば
あの森に近付きさえしなければ、ずっと平和に―――――

         ざわざわざわ……

貴方さんには聴こえる。
森の声が。
貴方さんは、一歩を踏み出す。
森の方へ。
が、はたと足を止め、立ち尽くしてしまう。
「ちょっと待って―――――私たちは此処に居るのが、当たり前のはずでしょ……?」

      真物を見るのは、怖い怖い
         真物に会うのは、怖い怖い
      真物を知るのは、怖い怖い
       だから、そっと祠に閉じ込めましょう

        ざわ…ざわざわ……
          …………




by 安 慈影良
関連記事
スポンサーサイト

とりあえず、幕。

.29 2012 一日のこと comment(0) trackback(0)
企業破綻すること、21回。
大阪、名古屋で各2回ずつの破綻が控えているものの、とりあえずの一段落である。

明日からは、物の怪たちが艶舞する、鏡花の世界へ―――――




打ち上げ会場に並ぶ、前菜たちの図。

004_convert_20120429211208.jpg
関連記事

again, again

.25 2012 お知らせ comment(0) trackback(0)
『林勇輔の声溜め The LIVE again』当落のお知らせを、本日、皆様に送信完了。

そう、今回は少し学習し、先着順の受付ではなく抽選とさせて頂いた。
お陰様で、前回と比べて、凄まじい平等感に満ちている―――――気がしているのだが……はてさて。

兎にも角にも、5月1日にお会いしましょう。



……しかし、その前に、あと何度か企業倒産に携わらなければならぬ。


関連記事

again

.17 2012 お知らせ comment(0) trackback(0)
ほぼ恒例化してきている、突然の告知である。

黄金の国ZIPANGにしか存在しない、この祝休日オンパレードの金色(こんじき)週間に、
『林勇輔の声溜め The LIVE again』と称した催し物の開催が決定。

前回は、折角ご予約いただいたのに、座席数の関係で、お断りしなければならない方が多数出てしまった。
では、今回は席数が増えるのか?
う~む……若干広くなった。
前回のVenue“阿佐ヶ谷MIX”とは、また違った魅力の空間―――――BAR AOYAMA R40というお店。

此処は、劇団の座長、河内さんの大学時代の先輩が経営するお店。
Studio Lifeの役者が自らの企画、プロデュースで舞台に立てる機会を、というご厚意で場所をご提供くださった。
僕の現在のニーズと合致してしまった。
なんたるタイミング。
ということで、決めた。
以下、詳細である。

『林勇輔の声溜め The LIVE again』


◆日時◆
5月1日(火)
<1st.> 18:00 Door Open, 19:00 Start
<2nd.> 20:30 Door Open, 21:00 Start
*完全入れ替え制
*それぞれ50分~60分を予定
*前回と同じ曲目を予定

◆場所◆
BAR AOYAMA R40
http://www.bar-r40.com/

◆出演◆
林勇輔
三枝伸太郎(ピアノ伴奏)

◆料金◆
ミュージックチャージ¥2,000-+テーブルチャージ¥500-+1ドリンクのご注文をお願いします(¥700~)
*フードメニューも有り

◆ご予約方法◆
下記メールにて、4月19日(木)9:00から4月21日(土)21:00まで受付いたします。
以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。

・氏名
・ふりがな
・FC会員番号
・メールアドレス
・ご希望時間(1st または2nd)
・ご希望枚数

xxx.yoosque.xxx@gmail.com

*ご面倒ですが、件名に「再・声溜め」と、ご明記下さい。
*両方ご覧になる方は、2ndステージ目のテーブルチャージは免除(ミュージックチャージのみの加算)
*今回は、劇団スタジオライフのオフィシャルファンクラブ〝club LIFE”の会員様限定ライブですが、会員様のお連れ様もご入場いただけます。
*ご予約多数の場合は、抽選とさせていただきます。
当落ご確認のメールは4月24日(火)までにお送りいたします。

お問い合わせは、上記メールアドレスまでお願いいたします。
劇団事務所、お店へのお問い合わせは、ご遠慮くださいますようお願いいたします。
関連記事

初日

.14 2012 comment(0) trackback(0)
初日というものには、いつまで経っても慣れそうにない。
緊張というより、スリリングでさえある。

『ENRON』―――――開幕。

初日に居合わせてくれた皆様、
メッセージをくれた皆様、
想いを飛ばしてくれていた皆様、
本当にありがとう。
総てが、励みになりました。

いやはや、兎にも角にも、精進、精進―――――

013_convert_20120414010616.jpg
関連記事

Mother Teresa

.09 2012 言葉 comment(0) trackback(0)
mother teresa
関連記事

花冷え

.08 2012 ちょっとしたこと comment(0) trackback(0)
寒い―――――櫻が花を開いたから。

櫻は、花を咲かせる時は葉を開かずにいる。
散ってゆく様が、こんなにも色っぽく美しい花も、他には無い。
自分を美しく見せる術を知っているのか?
更に、こんな寒さで神秘性まで演出しよって。
ただものじゃねぇな。

昔々のその昔に、誰かが教えてくれたように、
やはり、その根の下には「何か」が埋まっているに違いない。

002_convert_20120408002229.jpg
関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。