スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりと、始まり

.28 2012 一日のこと comment(3) trackback(0)
2012年3月4日(日)―――――2011年の暮れに、総てに行き詰まった感を自覚し、誰かの企画に乗る形ではなく、どんなにショボくてもいいから、自分が発信しない限り、「“次”なんて永遠に無いぞ!」という内なる声の下、『林勇輔の声溜め~The LIVE~』を決行した日。結果、今まで見えてなかったものに気付かされ、色々な意味で腹を括らせてもらえた、と実感している。

言わずもがな、これを実現する為には、暗中模索の連続だった。
先ず、初めにやらなければならなかったのが、場所探し。
これまでに、様々なライヴハウスや劇場でお世話になってきたが、それらは総て、誰かに宛がってもらったものだった。
今、自分が模索しているものは、そこを頼りにしてしまうと、途端に崩れ落ち、途方もない砂の山が目の前に立ちはだかる結果になるだろうという予感がしていた。

そんなどん詰まりの、今年、2012年の始め、首都圏には雪が降り積もり、交通機関も制限されてしまった、あの日………僕は、何故だか大好きで波長が合うと勝手に思っている阿佐ヶ谷の町を、彷徨っていた。
ひょっこり入った、駅前のライヴハウス。
大雪のせいもあって、客は、僕と常連らしき男性のみ。
しかし、雪が増々猛威を振るうというので、間もなく、その常連さんも家路についた。
店内には、僕とママさんだけになった。

改めて、店内を見回す。
大きさは、ちょうど好い。
自分がやろうとしていることは、とても、パーソナルなニュアンスを孕むだろうから、端から大きな処でやるつもりはなかった。

ママさんは、呑み屋のママにありがちな、所謂、詮索好きな人種…ではなかった。
故に、会話はポツリポツリと続いてゆく。
僕は、ジンのロックをちびちび。
いくら相手がNosy Parker(詮索好き)でなくとも、僕の目的は場所探しなわけだから、話の方向は、自ずとそちらへ向いてゆく。

「実は、役者やっててね……」

「……だと思った」

以来、話は早かった。
この察しの良い、デリカシーのあるママさんとの出逢いに、一気に背中を押してもらい、僕の初セルフプロデュースは実現したのだった。
あれ以来、忙しさもあり、お店に赴いていなかったのだが、色んなタイミングが合った今日、やっと“あの店”へ行ってみることにしたのだ。

店の前に辿り着く………なんだか、趣が違う。
店名が…違う………

ショックだった。
違う店に様変わりし、カウンター内に立っているのは、あのママではなく、見たこともないマスターだった。
店に入る気にもなれず、そのまま家に帰り、PCを作動させ、HPを開いてみる。
今年、2012年4月いっぱいで、閉店。
その告知は、3月9日―――――僕の初ソロライヴの5日後だった。
ということは、ライヴ当日には、お店が向かっている先は、決まっていたはずだ。
やはり、僕が感じた通り、ママさんはデリカシーのある人だった。
あの時、お店が近々閉店するんだと聞かされていたら、なにか、違うものが作用しただろうから……
寂しさと同時に、僕は、自分の“出逢い運”の良さを信じていいんだと思った。

総ての巡り合わせとママさんに、感謝します。

2012年3月4日(日)―――――【阿佐ヶ谷MIX】というお店で、僕が、やっとスタートを切った日。
!今、気づいた……“20”以降が“1、2、3、4”だ………

一つずつ、着実に重ねているんだと、信じてみよう…………と、思った。




<お店のHPより>
よく聞かれるのが、店名の由来
多種多様の趣味や人をミキシングするのが私と店の仕事、ミキサーな訳
新しい出会いの毎日が始まって、少しずつ奏であい
心が上手くMiXしますように
ヨロシクネ!!

kikuko mama
阿佐ヶ谷MiX since 2006.6.25
関連記事
スポンサーサイト

The Rose

.24 2012 言葉 comment(2) trackback(0)
“誰でも、口から、プラスの事も、マイナスの事も吐く。
だから『吐く』という字は、口と+と-で出来ている。
マイナスの事を言わなくなると、-が消えて、『叶』という字になる”

のだそうだ……
後付けの理屈だろうが、気に入った。

そう云えば、こんな歌がある。

Some say love, it is a river
That drowns the tender reed
Some say love, it is a razor
That leads your soul to bleed
Some say love, it is a hunger
An endless aching need
I say love, it is a flower
And you, its only seed

It's the heart, afraid of breaking
That never learns to dance
It's the dream, afraid of waking
That never takes the chance
It's the one who won't be taken
Who cannot seem to give
And the soul, afraid of dying
That never learns to live

When the night has been too lonely
And the road has been too long
And you think that love is only for the lucky and the strong
Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed
That with the sun's love, in the spring
Becomes the rose


愛とは
川のようなものだと 或る人は云う
たおやかに伸びる葦をも 水底に沈めてしまう川だと
愛とは
まるで刃(やいば)だと 或る人は云う
心を引き裂き 血を奪い取る刃だと
愛とは
餓えだと 或る人は云う
満たされることなどなく 求め続けてしまうものなのだと
それなら私は
愛とは 花だと云おう
そして あなたは その種だと

壊れることを恐れる心では 踊る歓びを知り得ないだろう
醒めることを恐れる夢なら チャンスなど掴めないだろう
表現することをしなければ 心の声は誰にも聴こえないだろう
そして ただただ 死に怯えていては
生きる意味を知り得ないだろう

とてつもなく寂しい夜が続き
果て無く続く道に立ち止まり
愛など
幸運な強い人間だけが得られるものなのだと感じてしまう……
そんなとき これだけは忘れないでいて欲しい
厳しい冬 深い雪の下には種が眠り
暖かな日の光が降り注ぐ雪解けの春には
種は芽吹き
薔薇の花と化すことを

rose20postcard205.jpg

どうしても、
流れの厳しい川や残酷な刃、そして餓えに苛まれる時がある。
でも、「花である」と吐き続ければ、
いつか、それは薔薇になることが叶うのだろうか――――――

訳 by 安 慈影良

関連記事

子供の選択

.20 2012 comment(2) trackback(0)
431119_305339992898189_379255866_n.jpg

美しい画を見つけた。
子供が、親を選んで生まれてくるのだと、
誰かが教えてくれたのを思い出した。

選ばれた方は、堪ったもんじゃないと、
虐待したり、炎天下の車中に置き去りにし、
死に至らしめたり……というニュースをよく耳にする。

心が痛い。

それでも子供は、その親めがけて生まれてきたのだろう。

僕は、
僕の誕生を受け容れてくれた両親に、
感謝しなければならない。
関連記事

Gotham Chamber Opera

.14 2012 好い comment(1) trackback(0)
好い……

関連記事

8月9日

.09 2012 comment(1) trackback(0)
540251_372829566120552_513743170_n_convert_20120809234010.jpg

日本は、“これ”の恐ろしさを、身を以て、“何度も”思い知っている世界で唯一の国のはず。
なのに……

1945年の今日、8月9日――――――長崎に原爆が落ちた日
関連記事

Imagine

.06 2012 comment(2) trackback(0)
オーディション番組の常套手段―――――その人物のバックグラウンドを、演出と共に前面に押し出し、デビュー前からファンを獲得。デビューする頃には、確実に、ある程度は売れるスターを作り上げてしまう。
これも、まさに“それ”なのだろうけれど、『Imagine』をこんな風に唄えるのは、彼だからだろう。

戦争の只中に生まれた、イラク人の兄弟。
二人を拾い上げ、我が子として育てたオーストラリア人の母。
生きた彼等。
ステージに立ち表現をする道を選んだ、青年へと成長した兄、エマニュエル。
見守る、弟、そして、彼の愛する家族。

テレビ局のやり方にまんまとハマってしまったのか、彼という存在の説得力にやられたのかは、もうどうでもよく……とにかく、泣いた。



Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will live as one

1945年の今日、8月6日―――――広島に原爆が落ちた日
関連記事

8月5日

.06 2012 お知らせ comment(0) trackback(0)
2012年8月5日(日)―――――マリリン・モンロー、50回目の命日。

039_convert_20120806011748.jpg

画は、黄泉帰ったマリリン・ボンノウ……暫く、この世に滞在予定。
黄泉帰りついでに、8月10日(金)、劇団の夏祭りイベント『Special Showcase』に出没するらしい。
関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。