浮遊物

.22 2013 comment(0) trackback(0)
今年も、またこの季節がやって来た。
“荒れる気”の季節が。
空中に飛散している植物たちの怒りの粒子は、望んでもいないのに体が迎え入れてしまう。
迎え入れる割には、受け容れられない。
そして、気が荒れ始める。

と、ここからは全く違う話しが始まる。
というのも、浮遊物について、最近、思うところがあるので、書いてみたいと思った。

空気中には、花粉同様、色々なものが浮遊しているが、物質ではないものも在るように感じる。
例えば、イメージや言の葉なんかも、ふわりふわりと浮遊しているのではないかと……
それをキャッチして、自分の中の何かと混ぜ合わせることで、言葉を発したり、文章を書いたり、ものを創ったり、絵を描いたり、音楽を奏でてみたり……表現しているような気がする。
その浮遊物は、誰もが平等に、しかも自由に使うことが出来るものなので、例えば、誰かの作品にとても共感した、なんて時は、

「なるほど、この浮遊物をこんな風に料理したんだ!」

的に感じるのではないかと……
つまり、キャッチしている浮遊物が同じであればあるほど共鳴、共感するというか……
シンパシーやシンクロニシティは、こんな時、しばしば起こる気がする。

しかし、同時に、こんな風にも思う――――――

例えば、僕のパフォーマンスを観に来てくれ、抱く感想や想いは、十人十色である。
つまり、その想いは、もはや僕のものではなく、既にその人のものだ。
僕が発したものに共鳴なり共感したとしても、それは、反発や嫌悪感を抱くのと同じくらい、元々の僕のそれとは違うものだと思う。
そのくらい、人間は孤独なのではないかと。
となると、孤独など感じる必要などないのかも、とも思う。
だって、どうせ孤独なのだから、それをああだこうだ云ってみたところで、どうしようもない。
勿論、人は独りでは生きてゆけない生き物だけれど、孤独の意味を履き違えると、誰かに依存してしまう気がする。
それは、あまり美しくない。
「孤独=寂しい」ではない、と理解した時…本当に孤独になれた時、初めて見えてくるものがあるように思う。

なにはともあれ、浮遊物を介して人の意識や世界は繋がっているのだから、孤毒に苛まれることはない。

と、今の僕が選び取った浮遊物を混ぜ合わせると、こんな文章が出来た。
“浮遊物”というのも、それこそ、浮遊物から得て出来たメタファーなので、
「“地下資源”って言葉の方がしっくりくるよ!」
という意見があったり、
「結局、何が云いたいのかさっぱりわからん」
という方も多いと思う。
それでいいと思う。
全く同じ人など居るはずもなく、自分の中にも、違う自分が何人も居るのだから。

そんなこんなで、僕は今日も、もの創りをしている。
観客の前に立つ為に――――――

関連記事
スポンサーサイト

【Le Tempsで琉譚~ものがたり~】当落のお知らせ送信完了!

.17 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
ご予約のご応募を頂いた方全員に、メールを送信致しました。

が!おそらく、ドメイン指定というものでしょうか、届かず帰ってきてしまったものもあります。
どうか、ご確認ください!!

当選、落選に関わらず、全員にメールを送信しております。

こちらからの当落確認メールが届いていない方は、下記までご一報くださいませ。
その際、ドメイン解除されているか、今一度、ご確認ください。

xxx.yoosque.xxx@gmail.com
関連記事

1と2の組み合わせ

.12 2013 comment(1) trackback(0)
昨夜、『林勇輔の声溜め The LIVE vol.2』を無事に開催出来たことを、ご報告いたします。
「無事に」というのにも、色々定義があると思うけど、嘘をつかずに済んだと云う事だろうか。
今まで、僕は舞台の上で、ツッパっていた時期はあれど、嘘をついたことは無い(㊟日常生活では、嘘も方便って時あるよね~)。

今回、vol.2の声溜めライヴをやるにあたり、唄う為に選曲していた数曲を、一回目のリハで、ご破算にした。
唄う動機が無いことに気付いたから……
勿論、選んだ理由はあった。
しかし、動機が見当たらなかったのだ。
諸々の経緯は、昨夜のライヴ中にお話しした通りだ。
来られなかった方には、なんのこっちゃ分からんでしょうが、とにかく結果的には、今、声溜めライヴという場でやらなければならないことを、出来たように思う。
そして、とても、自分らしかったと――――――

自分の居場所を見つけるのは難しい。
ましてや、レゾンデートルなんて、自分だけの世界では有り得ないのだから。
自分以外の誰かと共存している社会の中でしか、見つからないものなのだろう。
誰かと共鳴して初めて、自分を認識できる。
最近、“ライヴ”と称して自ら企画プロデュースし、僕に逢いに来て下さる皆様と近い距離でコミュニケーションを取れる時間を多く持てている。
そのせいだろうか、自分の中に在った、形のあやふやなものが輪郭を帯びてきたように感じる。
観客、共演者、関わってくれた総ての人達と共鳴することによって、凝りが解れてゆくように感じる。
コドクの穴とコドクの穴は根っこでは繋がっているのだと感じずにはいられない。

僕という人間はとても弱いので、団体に属している状態や、誰かの企画に乗っかる形で舞台に立ったとしても、どこかで甘えが出てしまっていたらしい。
自分の居場所を、その中に見つけている気になっていただけだったのだ。
そんな状態で見つけた気になっていたレゾンデートルなど、脆いもんだ。
やってみなければ分からない事だらけだ。
この“独りの経験”を持って、他人の企画に関わった時、新たな自分の可能性が見えてくるのではないかと、実は、期待している。

「一寸先は闇」と云うが、僕はやはり、その闇の向こうを見てみたい。
闇は、まだ見ていないから闇なのであって、見れば自分の景色が出来るはずなのだ。

ただただ、今の想いを書き連ねているだけなので、取り留めの無いものになってしまった。
これも、自分から出てきた声を溜めておく“声溜め”に免じて、どうか、お赦しください。



『林勇輔の声溜め The LIVE vol.2』が行われた昨日、2月11日――――――奇しくも、ブログ版“声溜め”を始めた2012年1月12日と同じく、1と2の組み合わせ。

ということで……

エンジェルナンバー211の意味するところを調べてみた。

自分自身と他人について考えることに細心の注意を払ってください。
自分や他人、そして人生そのものを信じれば信じるほど、プラスの経験で報われることでしょう。



関連記事

Le Tempsで琉譚~ものがたり~

.09 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
3月3日、ひな祭り――――――宇野亞喜良さんの壁画のあるお店、Le Temps(ルタン)でのライヴが決まったと、ちらっとお知らせをしていたのを覚えている方は、まだいらっしゃるだろうか。
諸々、詳細が決定したので、お知らせ申し上げたい。

折角なので、あの画の前で“ものがたり”を演りたいと思った。
過去にショーの中でやったことのあるものを、独り仕様に手直しし、お届けしたいと考えている。
お店の機構上、観客席の数は限られるのだが、その分、濃密なひと時となるだろうと思う。

『Le Tempsで琉譚 ~ものがたり~』


というタイトルにしてみた。
微妙といえば微妙である。
「琉」には、「瑠」と同じく、“宝玉”という意味合いの他に、“高処(神)に向かって努力している”というような意味合いもあるようだ。
とても響くではないか!
「譚」は勿論、ものがたりを語るという意味がある。
ふたつ合わせて「琉譚(ルタン)」
タイトルを音だけで表記すると、「ルタンでルタン」である。
やはり、微妙か……
しかし、籠めた想いを解って貰えれば、と思う。

以下、詳細↓

◆場所◆
Le Temps
〒160-0022
新宿区新宿三丁目31-5 ペガサス館 B1F
Tel & Fax 03-3351-9099

◆日程◆
2013年3月3日(日)
<1st>
18:30 オープン
19:00 開演
20:00 終演
<2nd>
20:45 オープン
21:15 開演
22:15 終演

◆入場料◆
¥3,000-(1ドリンク付)

◆定員◆
25名+α?

◆出演◆
林勇輔
おおくぼけい(ピアノ)

◆ご予約方法◆
下記メールにて、2月11日(月)9:00から2月15日(金)21:00まで受付いたします。
以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。

・氏名
・ふりがな
・メールアドレス
・ご希望時間(1stまたは2nd)
・ご希望枚数

xxx.yoosque.xxx@gmail.com

*ご面倒ですが、件名に「ルタン」と、ご明記下さい。
*ご予約多数の場合は、抽選とさせていただきます。
当落ご確認のメールは2月17日(日)までに返信いたします。

お問い合わせは、上記メールアドレスまでお願いいたします。
劇団事務所、お店へのお問い合わせは、ご遠慮くださいますようお願いいたします。
関連記事

Cooking Boys……(?)

.03 2013 お知らせ comment(1) trackback(0)
劇団の後輩である荒木健太朗と、イベントに出演することになった。
料理を作り、観覧して下さる皆様に振る舞うのだとか。
面白そうな企画なので、喜んでお受けしたが、そのタイトルに、いささか気恥ずかしさを感じないでもない。
「COOKING BOYS」
そう…BOYSに引っ掛かってしまうのである……
これは、若手の俳優が呼ばれるはずのイベントなのではないか、と……
芝居でも小説でも、その内容を凝縮したものをタイトルと呼んでいる気がする。
ま、この際、それは脇へ置いといても許されると信じることにしよう!

普段から、時間があれば、家でも料理をしている方だとは思うが、人様に振る舞う料理というものは、あまり経験が無い。
大抵は、自分が食べる為、つまり、美味しくお酒を戴く為の料理がほとんどである。
しかし、こだわりとして、例え店屋物を買ってきたとしても、必ず皿に盛りつけて戴くことにしている(㊟こういう考え方が、やはり、BOYではないというご指摘は、受け付けません)。
そう云えば、過去にもそんなような事を書いていた⇒『豊かな気分』

そんなクッキング“MAN”にご興味あらば、是非!
以下、詳細↓

SUNBEAM Presents
Cooking&Talk LIVE
「COOKING BOYS♯12」


★2月1日(金)AM0:00より先行予約お申込み受付開始!★

料理研究家・是友麻希が、男性俳優の皆さんと一緒にお料理をつくるプチ料理教室の第12弾。
簡単でおいしい料理とトークで楽しむ新しい形のCOOKING SHOW。
1ステージ限定70人のSPECIAL STAGE。
約8ヵ月振りの開催となる今回は、是友麻希レシピ本の出版を記念して掲載レシピをご紹介します!

講師:是友麻希(料理研究家)
MC:池田紳一

出演日時:
3月2日(土)14:30
荒木健太朗&林勇輔(Studio Life)

3月2日(土)18:00
荒木健太朗&林勇輔(Studio Life)

※受付開始・開場は開演の30分前です。

会場:ザ☆キッチンNAKANO
http://www.studiovad.com
東京都中野区弥生町5-20-1弥生町ユニオンビル6F
TEL03-5385-8138
地下鉄丸の内線「中野富士見町」駅より徒歩5分

チケット料金:全席指定 4,500円(試食付き)
※先行予約の場合:1公演お申込みにつき、チケット郵送手数料別途:全国一律 400円
※一般発売の場合:発券時にamipro/CNプレイガイド所定の手数料がかかります。

チケットお申込方法:
1.先行予約
下記お申込期間に下記予約フォームにてお申込みください。
1公演つき、お一人様2枚までのお申込みとさせていただきます。
なお、お申込多数の場合は抽選とさせていただきます。先着順ではございません。

■ご予約フォーム
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=decc8b709d
※お申し込みは1公演につき2枚までとさせていただきます。

■先行予約お申込期間
2013年2月1日(金)0:00~2月3日(日)23:59

■抽選結果発表
2012年2月4日(月)~5日(火)にメールにて順次ご連絡
※お申込多数の場合はご連絡が遅れる場合がございます。何卒ご了承下さい。

【ご注意とお願い】
※携帯メールアドレスをご登録で、受信メールのドメイン指定をされているお客様は、
「ticket@studiovad.com」および「ticket2@studiovad.com」からの受信が出来ますよう、設定をお願いいたします。
上記アドレスからのメールを受け取れない状況の場合、お客様にお申込完了、当落メールなどがお届けできない状況となり、お申し込みが無効となります。事前に必ずご確認をお願いいたします。

※予約フォームのシステムの都合上、枚数の選択が3枚以上可能ですが、お申し込みは2枚までとさせていただきます。3枚以上のお申し込みは、抽選の対象から除外させていただきますのでご注意下さい。

※メールでのお申し込みは受付いたしません。メールでお申し込みをいただきましても、先行予約申込みの受付対象となりませんので、必ず予約フォームよりお申込下さい。

※先行予約受付開始時間は、予約フォームにつながりにくくなる場合がございます。その場合は少し時間をおいてから再度アクセスしてください。皆様のご協力をお願いいたします。

2.一般発売
■発売日
2013年2月16日(土)AM10:00~

■チケット取り扱い
amipro/CNプレイガイド
サイト http://www.cnplayguide.com/amitike/
(チケットオンライン予約 6:00~翌1:00 ※発売開始日は10:00より)

電話予約 0570-08-9999
(電話受付時間 10:00~18:00)

【注意事項】
※お申し込みは1公演につき2枚までとさせていただきます。
※一般発売はamipro/CNプレイガイドのみでのお取扱いとなります。SUNBEAMでのお取扱いはございません。

【チケットお申し込みに関するお知らせ】
※お座席番号はこちらで指定させていただきます。お申込順、ご入金完了順ではございませんので、あらかじめご承知おきください。
※ご入金後のキャンセル・変更はできません。ご了承ください。

お問合せ:SUNBEAM
mail ticket@studiovad.com
TEL03-5385-8138(平日9:00~18:00)

☆COOKING BOYS公式サイト☆
http://studiovad.com/cookingboys/
関連記事

Spookyな夜を終えて

.02 2013 言葉 comment(0) trackback(0)
コクトー様、どうもありがとう…
実はこっそり、貴方の言葉の滴をお借りしていました。

――――――角ある、斑の天使より

ガーゴイル2_convert_20130202010622

自分に不実をしてまでも
惚れたりするのは馬鹿らしい
それよりいっそ はいろうよ
さあ、はいろうよ、この見世へ
ここなら正気をたがわずに
誰にも恋が出来るんだ


(ジャン・コクトー『寄港地』より“さとり”、堀口大學 訳)

解るようなら解って下さい、≪僕という人間は虚偽(いつわり)だ、真実を告げる虚偽(いつわり)だ。≫

(ジャン・コクトー『オペラ』より“赤い包み”の一節、堀口大學 訳)

関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR