スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒、白、そして赤

.21 2013 comment(0) trackback(0)
黒と白の向こう側には、赤が在るという――――――

――――――――――――

―――――2012年12月27日、『Noir et Blanc~黒の私と白の僕~』というタイトルでパフォーマンスをした。
“愛”をテーマに、黒と白、それぞれの切り口でやったものだった。
物語としては、とりあえずの完結をする黒のパフォーマンスのラストに、どうしても薔薇を出したいと考えていた。
タイトル然り、このパフォーマンスでは、とにかく黒と白に拘りたかったので、白薔薇か黒薔薇のどちらかということになる。
しかし、物語の流れ上、黒薔薇は選択肢から消える羽目になる。
ということは、白薔薇だなと思い……否、しかし、リハの段階からずっと、何故だか赤い薔薇が意識の中でチラついている……う~む…………………

当日会場での最終リハの段階になると、白薔薇への違和感がより一層膨れ上がった。
僕の中で、赤の存在が増しているのである。
が、黒と白以外の色が登場すると、妙に意味が付いてしまうのではないかという心配も同時に在った。
勿論、“愛”を象徴する色だと云ってしまえば納得いかないわけではないのだけれど、安直過ぎる気がする。
もう一声、自分の中で…あくまで自分の中で“赤”の落とし処が欲しかった。
しかし、無情にも本番は差し迫っている。
仕方ない。
違和感は違和感である。
心地の良い感覚ではない。
なので、根拠はないが、白に対する違和感と、赤かも知れないという直観を信じることにした(念の為、赤い薔薇も用意しておいて良かった)。
そして、いざ本番では赤い薔薇が舞台センター奥で光を浴びたのだった。

本番終了後に思ったことは、「赤で良かった」だった。
何故かは判らない。
お客様は、想像力という魔法を使って観てくれるだろうから、それぞれに意味を見出してくれているだろう。
でも、僕自身が、≪やる側として≫どうしても知りたかったのだ。
何故、赤だったのかを!
(しゃあしゃあと本番をやっておきながらこう云うのも気が引けるのだけれど……まぁ、そこは目をつぶって頂くとして)なんと!実はつい最近、その辻褄がようやく合ったのだ!
自分の中で。
あくまでも自分の中で。
そう、黒、白、そして赤の辻褄が!!

来たる11月23日と30日に決行しようとしている『林勇輔の生声溜め~童話vol1 & 1'~』に向けて、ずっと気に掛かっていた“あの”童話を掘り下げるべく図書館に籠り始め、数日経った頃である。
童話というモノをきっかけに、今まで漠然と思っていたこと、感じていたことが、急に形を帯び始めた。
あの時、漠然とでも赤を選んだのには、こんな理由が無意識下に在ったのかも、と思うとゾクゾクする。
今、此処ではまだ云えない。
云いたくないのではなく、うまく云えないのだ。
生声溜めまでには、なんとか整理しなくてはならないと思っている――――――

――――――とにかく、黒と白の向こう側には、赤が在るのだ。





関連記事
スポンサーサイト

追加予約受付とな

.17 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
今日も図書館に座る勇輔を見た。
前にも読んだ本を再び引っ張り出し、お目当てのページを開き、読む。
が、直ぐに顔を上げ、物思いに耽ったようになる。
よく見ると瞳孔が開いている。
何を考えているのだろう。
…何も考えていないのか?
まさか、目を開けたまま寝ているのか、こいつ!?
すると、おもむろにむっくと立ち上がった。
むむむ!
何か、思いついたのか?!
と思いきや、トイレへ消えた…………
帰って来るや否や、本のとあるページをコピーし、図書館を後にした。
そして、牛丼屋へ――――――

るるるるるるるらっ!腹減っとったんか~いっっっ

満腹になった勇輔は、牛丼屋を出て愛車に跨った。
西友で買った、真っ赤な自転車だ。
図書館へ戻るのかと思いきや、通り過ぎてしまった。
何やら、ブツブツ云っている。
と、急に、
「あ、そうか!!」
と、人目を憚らずに声を上げた。
……なんだ、こいつ。
どうやら、今回取り組んでいる“あの”童話に関して、今まで引っ掛かっていた何かが流れ始めたらしい。
これを読むと、解る。
その部分に青く色を付けておいた。
↓↓↓
↓↓




本日、『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』並びに、『林勇輔の一日店長』にご予約頂いた皆様へ、確認メールを送信致しました。予約したのに届いていない、などありましたら、ご一報くださいね。
今日も、図書館に籠っておりました。と、頭の中でバラバラだったパズルのピースが、突然ハマり始めましてね、なんだか童話編も面白くなりそうですよん!!
そこでっ、じゃじゃ~ん!
たった今から、追加受付を開始いたしまーす!!!以降、受付期間は設けませんので、「急に予定が変更になり時間が出来た」とか、「急に気が変わったから行ってやろっか」なんて方は、直前でも構いません、ご連絡下さいね~。
以下、ご予約方法です↓↓↓

『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』並びに、『林勇輔の一日店長』
追加予約受付のお知らせ


◆日時◆
<vol.1>
2013年11月23日(土・祝)
<vol.1′>
2013年11月30日(土)
17:00 オープン
18:00 スタート
20:00 終了
20:00~24:00 バータイム『林勇輔の一日店長』
*時間は両日共通です

◆入場料金◆
『生声溜め』から参加の場合 → ¥4,000-(1ドリンク付)
*ドリンクの追加注文とお食事は、キャッシュオンでお求めいただけます
*20:00~24:00は、両日共バータイムとなります。『生声溜め』ご参加の方は、そのまま引き続きお楽しみいただけます。

『林勇輔の一日店長』のみ参加の場合 → ¥2,500-(1ドリンク付)
*本編に間に合わなくとも、20時以降も林が一日店長として、心を込めておもてなし致します!!
*営業時間中(20:00~24:00)いつでもご来店いただけます。

◆ご予約方法◆
下記メールにて受付いたします。以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。
また、受付後二日以内に、下記アドレスよりご予約確認のご連絡をいたします。受信制限をされている方は、メールを受信できるよう設定をお願いいたします。
『生声溜め』から参加の場合 ↓
<件名> 
『生声カールモール』
<本文> 
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

『林勇輔の一日店長』のみ参加の場合 ↓
<件名>
『バーゆーすけ』
<本文> 
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

受付メールアドレスはこちら(共通)↓
xxx.yoosque.xxx@gmail.com

◆場所◆
カールモール
新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F(旧新宿厚生年金会館前のビル)
Tel : 03-3352-9808
http://karlmohl.net/index.html
関連記事

シアターサンモール⇒カールモール

.14 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
今月23日(土・祝)と30日(土)の『林勇輔の生声溜め~童話~』並びに『林勇輔の一日店長』の会場となるカールモールは、実はシアターサンモールのすぐ近く。
“リリーズ”をご観劇後、20時からオープンする『林勇輔の一日店長』へお越しのお客様へご参考までに☝☝☝

Ⓐ=シアターサンモール
Ⓑ=カールモール

グーグルマップで検索すると、何故かこんな感じ↓で複雑なルートが表示されるのだ………が!要は、靖国通りに出て新宿方面に向かうと、アッと言う間に辿り着けるのであ~る。
徒歩5分弱。


大きな地図で見る

『林勇輔の生声溜め~童話vol.1 & 1'~』並びに『林勇輔の一日店長』のご予約方法⇒ここをクリック
関連記事

何!?生声溜め、続報だと!?!

.11 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
なんともはや……(溜息)
勇輔が、またなにやら思いついたらしい……
今年に入ってからというもの、自己発信で色々やり始めた、彼。
「やっておかなきゃ」
と云わんばかりに。
己の死期を悟ったモノの行動のようにも見える。
しかし、猫なんぞは死ぬ時は姿を晦ますと云うではないか。
勇輔の場合は、露出が増えている……
猫と一緒にするのもなんだが、死ぬわけではないらしい。

あ、そうそう、昨日のことだ――――――
勇輔が、【2014年度】と題して、なにやらノートに書いていた。
覗いてみて驚いたのなんの!
この男にも学習能力があったとは!!
なんと、直前告知が専売特許になる前に、なんとかしようと対策を練っているのだ。
そう、一年分の大まかな予定を立てているではないか。

「毎月第何、何曜日に何かやる……」

というような具合だ。
やはり、まだまだ死ぬ予定はないらしい。
話が逸れた。
私の独り言はこのくらいにして、勇輔がフェイスブックにアップした内容をご覧いただくとしよう……
………
……



じゃじゃ~~~~ん!


前回から時間も一気に拡大、そしてタイトルもリニューアルし再び動き出した『林勇輔の“生”声溜め』――――――1日に1回のみ、としてみたはいいけれど、今度は時間が中途半端に余ってしまって、あらヤダ勿体ない。そこで、お店のご協力も頂き、本編終了後もバータイムとしてオープン致します!!どうせ、その後飲むんだし……勿論、バータイムのみのご参加も可能です。時間の都合で、諦めていた皆様~お待ちしてま~す!
そしてそして、今回も【生声溜めBOX】を設置致します。僕への質問、疑問、お悩み相談などを受け付けます。それに僕が愛と毒を持ってお応えする、というモノです。これは、バータイムも引き続き設置しておりますので、ご利用くださいねん。
『林勇輔の生声溜め~童話vol.1&1′~』ならびに『林勇輔の一日店長』オープンです!大いに語らいましょう。

以下、追加内容を足した最新告知文です↓↓↓



『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』並びに、『林勇輔の一日店長』

生声溜めチラシ3のコピー

生声溜めとは――――――林勇輔が、ああだこうだモノ語る企画。自身のブログ『虚構の中の真実の在る処~林勇輔の声溜め~』のライブバージョンである。今回のテーマは“童話”。誰もが知っているであろう、あの童話について、勝手気ままに、ただ喋ろうというのである。
そして今回は、同じ内容を一週間後に再びやる、つまり週を股に掛けてみる……しかし、一週間という時が物事をどの程度発酵または腐敗、否、熟成させるのか見当がつかない。そこで、こうしてみた。『vol.1&1′』と。そう、つまり23日がvol.1で30日がvol.1′なのである。あ、そうそう、過ぎてしまったから本当に今更なのだが、先日の戯曲編も『戯曲vol.1』としたい。何故なら、vol.2があるだろうから……。


◆日時◆
<vol.1>
2013年11月23日(土・祝)
<vol.1′>
2013年11月30日(土)
17:00 オープン
18:00 スタート
20:00 終了
20:00~24:00 バータイム『林勇輔の一日店長』
*時間は両日共通です

◆料金◆
¥4,000-(1ドリンク付)
*ドリンクの追加注文とお食事は、キャッシュオンでお求めいただけます
*20:00~24:00は、両日共バータイムとなります。『生声溜め』ご参加の方は、そのまま引き続きお楽しみいただけます。

バータイムのみご参加の方
¥2,500-(1ドリンク付)
*本編に間に合わなくとも、20時以降も林が一日店長として、心を込めておもてなし致します!!
*バータイムは、営業時間中(20:00~24:00)いつでもご来店いただけます。

◆場所◆
カールモール
新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F(旧新宿厚生年金会館前のビル)
Tel : 03-3352-9808
http://karlmohl.net/index.html

◆ご予約方法◆
下記メールにて、11月9日(土)9:00から11月16日(土)21:00まで受付いたします。
以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。

<件名>
生声カールモール
<本文>
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

xxx.yoosque.xxx@gmail.com

*応募者多数の場合は、抽選とさせて頂きます
*上記アドレスより、11月17日(日)までに、必ず全員に当落のご連絡をいたしますので、受信制限をされている方は、上記アドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
*バータイムのみご参加希望の方は、こちら↓↓↓

<件名>
バーゆーすけ
<本文>
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

こちらは、受付期間を設けません。11月17日以降、受け付け順に確認メールをお送りいたします。

関連記事

ファンタジー百科事典

.10 2013 comment(0) trackback(0)
【林勇輔の生声溜め~戯曲vol.1~】を数日後に控え、図書館に籠っていた日のこと。
僕は、“あの”戯曲のページを行ったり来たりしていた。
みんなとこれをシェアするには、どうすれば楽しいか思案していたのだ。
数時間経った時、頭がグツグツと煮詰まってきたので、初めて椅子の背もたれに身を委ねた。
お向かいで勉強に勤しんでいた学生さんは、いつの間にか帰ったらしいことに気付く。
目の前の障害物(学生さんゴメンなさい)が居なくなったことによって、視界が広がった。
その先には、大きな本棚。
座った僕の目線とちょうど同じ高さ、真正面に在る本の背表紙が、手招きしていた。

010.jpg

出た、必然。
実は、その時には、戯曲編の次はファンタジー編をやりたいと、既に考えていた。
だから、こうしてこの子は僕のところへやって来たのだった。
しかし、その後色々考えあぐね、結局決まったテーマは【童話】だったのだが……
言い訳をさせて貰うと、ファンタジーをテーマにしてしまうと収拾がつかなくなるのだ。
なにせ、ほとんど総てを包括してしまうのだから。
だから、もっと具体的なテーマにすべきだと考え至った。
そこで、“あの”童話ひとつに絞った、というわけだ。
ヒントは、一昨日更新した、僕のオフィシャル・フェイスブックページのカバーヴィジュアルに隠されている。

生声溜め 映画

話の時制を戻そう。
本を手に取り、表紙を開き、目次をザッと流し読み。
この『ファンタジー百科事典』なるもの、タイトル通りファンタジーの類型やファンタジー人名録、ファンタジーの登場人物や用語集の他、映画、TV、ゲーム、雑誌に至るまでファンタジーものを掻き集めている(第一刷が2002年、第二刷が2003年だから、それ以降の作品は載っていないが……)。
大雑把に本の中ほどを開いてみる。
映画やTVのファンタジー作品に関して、百科事典と云いながらも、執筆者の皮肉まじりの解説がなかなか面白い。
例えば、1974年の映画、『星の王子さま』はこんな感じである。

『アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの死後に出版されたアレゴリー『星の王子さま』(1944)は別の惑星からやって来た少年が、擬人化された動物たちから人間の生活について学ぶという話であるが、それをミュージカル仕立てにしたこの映画はいささか幻滅ものである。ボブ・フォッシーはヘビの役をしなやかに演じ、他のキャストをかすませてしまっている』

しかし、一番面白いのは、この「まえがき」だろうか。

『別世界を作り出すという能力こそが、人間の人間たるゆえんである。動物の中にも賢いものはいるが、われわれの知るかぎりでは、だれが雷を作り出しているかについて、考えたものはいない。
原人はどこかの雨もりする洞窟で、それについて考えた。それはまさしく天上から雷電がくだったごとくであったにちがいない。いやあるいは、実際に雷電がくだったのかもしれない。突然……かれの頭の中には、天空に住む存在のことが浮かび、人が死んだ後行く場所があるにちがいない、という想いが宿った……そして突然、この世界の背後には、あらゆる色彩がより鮮やかな、もうひとつの大いなる幻影の世界があるにちがいない、とも考えたのだ。
(中略)
知性ではなく想像力が、われわれを人間にした。たとえば木の実に関しては、リスはたいそう知的だが、われわれの知るかぎり、リスが神々から木の実を盗み取った勇者の物語を語ったことはない。この能力が、すべてのフィクションと神話とを生み出したのだ。またわれわれの宗教のほとんどをも。
(中略)
突然、世界は物語と化した。ホモ・サピエンスはホモ・ナランス「物語を語る人」となり、その他のことはまさしく「彼の物語(his story)」つまり「歴史(history)」となったのだ。われわれはファンタジーの創造者だ。鮮やかな色彩にあふれた大いなる幻影の世界で長い時間を過ごし、その世界の一部が今では「文明」という名で呼ばれている。
(中略)
こうしてみると、なに恥じることのないはずのファンタジーが、いまだに批判と疑惑の雲に包まれているのは、奇妙なことではある。しかしその理由のいくつかは、本書のページの中だけでも明らかだ。たとえばまず、荒唐無稽のオンパレード。それから凝りもせぬ幾度も幾度ものお色直し。あいもかわらぬ、新たな世界と永遠の勇者たち。しかも、世界があるがままのものとは、まったく違うものになりえるかもしれないという考えは、あるがままに満足している人々をつねにおびやかす。想像力の生み出す世界は、想像力のない物語をしばしば駆逐する。支配者は、自分たちの法令が通用しない新しい世界には、猜疑の目を向ける。看守は、脱獄者を好まない。洞窟のあの男はときどき、部族の長からぶんなぐられたのではなかろうか。物語を語ることは危険なことなのだから』


1334067594_Jupiter_Smyrna_Louvre_Ma13.jpg
雷霆を持つ全知全能の神ゼウス(ユピテル)
関連記事

生声溜め、強化中……?

.08 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
今月は“生声溜め月間”である。
後付け感はハンパないが、流れに身を任せたらこうなったのだから、そういうことなのだ。
先日の戯曲編で、一日一回コッキリを試したところ、なんだかしっくり来た。
だから、一日に一回を二回やることにした。
週を跨ぐという初の試み。
一週間という時が、物事をどの程度発酵、または腐敗、否、熟成させるのか見当がつかないので、こうしてみた。
『vol.1&1′』と……
そう、つまり23日がvol.1で30日がvol.1′なのである。
あ、そうそう、過ぎてしまったから本当に今更なのだが、先日の戯曲編も「戯曲vol.1」としたい。
何故なら、vol.2があるだろうから……。

『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』

◆日時◆
<vol.1>
2013年11月23日(土・祝)
<vol.1′>
2013年11月30日(土)

17:00 オープン
18:00 スタート
20:00 終了
22:00 クローズ
*時間は両日共通です

◆場所◆
カールモール
新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F(旧新宿厚生年金会館前のビル)
Tel : 03-3352-9808
http://karlmohl.net/index.html

◆料金◆
¥4,000-(1ドリンク付)
*ドリンクの追加注文とお食事は、キャッシュオンでお求めいただけます

◆ご予約方法◆
下記メールにて、11月9日(土)9:00から11月16日(土)21:00まで受付いたします。
以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。

<件名>
生声カールモール
<本文> 
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

xxx.yoosque.xxx@gmail.com

*応募者多数の場合は、抽選とさせて頂きます
*上記アドレスより、11月17日(日)までに、必ず全員に当落のご連絡をいたしますので、受信制限をされている方は、上記アドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。