スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加予約受付とな

.17 2013 お知らせ comment(0) trackback(0)
今日も図書館に座る勇輔を見た。
前にも読んだ本を再び引っ張り出し、お目当てのページを開き、読む。
が、直ぐに顔を上げ、物思いに耽ったようになる。
よく見ると瞳孔が開いている。
何を考えているのだろう。
…何も考えていないのか?
まさか、目を開けたまま寝ているのか、こいつ!?
すると、おもむろにむっくと立ち上がった。
むむむ!
何か、思いついたのか?!
と思いきや、トイレへ消えた…………
帰って来るや否や、本のとあるページをコピーし、図書館を後にした。
そして、牛丼屋へ――――――

るるるるるるるらっ!腹減っとったんか~いっっっ

満腹になった勇輔は、牛丼屋を出て愛車に跨った。
西友で買った、真っ赤な自転車だ。
図書館へ戻るのかと思いきや、通り過ぎてしまった。
何やら、ブツブツ云っている。
と、急に、
「あ、そうか!!」
と、人目を憚らずに声を上げた。
……なんだ、こいつ。
どうやら、今回取り組んでいる“あの”童話に関して、今まで引っ掛かっていた何かが流れ始めたらしい。
これを読むと、解る。
その部分に青く色を付けておいた。
↓↓↓
↓↓




本日、『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』並びに、『林勇輔の一日店長』にご予約頂いた皆様へ、確認メールを送信致しました。予約したのに届いていない、などありましたら、ご一報くださいね。
今日も、図書館に籠っておりました。と、頭の中でバラバラだったパズルのピースが、突然ハマり始めましてね、なんだか童話編も面白くなりそうですよん!!
そこでっ、じゃじゃ~ん!
たった今から、追加受付を開始いたしまーす!!!以降、受付期間は設けませんので、「急に予定が変更になり時間が出来た」とか、「急に気が変わったから行ってやろっか」なんて方は、直前でも構いません、ご連絡下さいね~。
以下、ご予約方法です↓↓↓

『林勇輔の生声溜め ~童話 vol.1& 1′~』並びに、『林勇輔の一日店長』
追加予約受付のお知らせ


◆日時◆
<vol.1>
2013年11月23日(土・祝)
<vol.1′>
2013年11月30日(土)
17:00 オープン
18:00 スタート
20:00 終了
20:00~24:00 バータイム『林勇輔の一日店長』
*時間は両日共通です

◆入場料金◆
『生声溜め』から参加の場合 → ¥4,000-(1ドリンク付)
*ドリンクの追加注文とお食事は、キャッシュオンでお求めいただけます
*20:00~24:00は、両日共バータイムとなります。『生声溜め』ご参加の方は、そのまま引き続きお楽しみいただけます。

『林勇輔の一日店長』のみ参加の場合 → ¥2,500-(1ドリンク付)
*本編に間に合わなくとも、20時以降も林が一日店長として、心を込めておもてなし致します!!
*営業時間中(20:00~24:00)いつでもご来店いただけます。

◆ご予約方法◆
下記メールにて受付いたします。以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。
また、受付後二日以内に、下記アドレスよりご予約確認のご連絡をいたします。受信制限をされている方は、メールを受信できるよう設定をお願いいたします。
『生声溜め』から参加の場合 ↓
<件名> 
『生声カールモール』
<本文> 
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

『林勇輔の一日店長』のみ参加の場合 ↓
<件名>
『バーゆーすけ』
<本文> 
・氏名
・ふりがな
・返信先メールアドレス
・ご希望日(23日または30日)
・ご希望枚数

受付メールアドレスはこちら(共通)↓
xxx.yoosque.xxx@gmail.com

◆場所◆
カールモール
新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F(旧新宿厚生年金会館前のビル)
Tel : 03-3352-9808
http://karlmohl.net/index.html
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/154-9cf693cb

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。