スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 ABRAXAS始動

.22 2014 comment(0) trackback(0)
2013年は色々なイベントを企ててやってみた。
企画、制作、プロデュース、宣伝、創作、演出、出演、雑用、グッズ関連に至るまで、ほとんどの作業を一人でやった。
とても孤独なもんだ。
もちろん、当日は、ボランティアを名乗り出てくれたスタッフ、そして、お客様に支えてもらうのだから、それまでの孤独なんてのは、一瞬にして報われる。

今年、2014年からは、そんな僕の活動を多方面からサポートするよと、名乗りを上げてくれた方々が居る。
創作活動と同時進行で、ついつい遅れがちな告知などの情報宣伝はもちろん、制作面などを助けてくれる。
その林勇輔サポート集団を【ABRAXAS(アプラクサス)】と名付けた。
2012年の年末に行われた『Noir et Blanc~黒の私と白の僕~』をご覧になった方は、聞き覚えのある響きかも知れない。
或いは、ヘルマン・ヘッセの『デミアン』をご存じの方、はたまた、グノーシス派なんかに詳しい方はご存じの名前だろう。
神的なものと悪魔的なものとを結合する象徴的な使命を持つ、一つの神性の名、ABRAXAS。

ヘッセの『デミアン』の有名な一節―――――――

鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。
卵は世界だ。
生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。
鳥は神に向かって飛ぶ。
神の名はアプラクサスという―――――――


ABRAXASカバーのコピー

さて、実はこの度、ABRAXASのフェイスブックページができた。
僕の出演情報、出没予告などなど、新鮮情報を順次アップしてゆくことになっている。
是非、チェックを!

ABRAXAS フェイスブックページ⇒https://www.facebook.com/abraxas3311

そこで、皆様にお願いがあるのです。
このページを、どんどん活用して欲しいのです。
フェイスブックにアカウントを持っている人は、「いいね!」や「シェア」を、そうでない人は、「こんなページがあるよ~」と人に教えてあげて欲しいのです。
そして、林が定期的に色んなことやってるよ、ってことも。
そうそう、もちろん、僕がやっているページやツイッターも引き続き可愛がってやって下さい。

林勇輔フェイスブックページ⇒https://www.facebook.com/yusuke.hayashi.official
林勇輔ツイッター⇒https://twitter.com/YOOSQUE

便利になった分、落とし穴も多いネット社会。
しかし、所詮は、人間が使うモノ。
アナログな感性で使えば、嬉しい効果があったりもする。
だから、僕が発信する情報を、みんなの力で拡げて欲しいのです。
そして、僕の発したモノに触れて、少しでも何か感じたり思ったりしたら、それを表現して欲しいのです。
僕のパフォーマンスを観た感想なども、よかったら呟いてみてください。
或いは、ご自身のブログやフェイスブックなどに書いてみてください。
そして、それを僕にリツイート、シェアさせて下さい。
僕は、見つけられる限りの、皆様からの欠片を掻き集めたいのです。
自分はフォロワーや繋がっている友達が少ないから、意味がないと思っている方、そんなことはありません。
そんな小さな糸口から広がっていくのが、ネットというものです。
うまく使ってやろうじゃありませんか。

もちろん、これは、強制ではありません。
僕のファンであること、僕の発するものに共感するなんて世間ではマイノリティ過ぎて、ちょっと恥ずかしいと感じている方もいらっしゃるでしょう。
僕も、かつてはそうでした。
僕で在ることが、恥ずかしかった時期が、かなり長くあります。
自分は、変なんじゃないかと。
でも、好きなものは好き、惹かれるものにはどうしても惹かれてしまうのです。
僕は、そんな自分の感性を愛してやることにしました。
今まで、僕が自分自身にしてきたことは、否定――――――今思うと、自分があまりにも可哀想。
色んな覚悟で、僕は皆様の前に立っています。
だから、皆様の力で、僕に立ち続けさせてくれませんか?
お願いします。

どうか、「シェア」「リツイート」「いいね!」「ご感想」などして貰えれば、本当に嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/166-fd5e55d0

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。