スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

属する

.28 2014 ちょっとしたこと comment(0) trackback(0)
湿気を孕んだ暑さにむせ返る季節の去り際は、割と潔い。
随分と涼しくなった。
ま、週間天気予報によると、来週あたりにまた暑くなるようだが、今はこの涼しい気分のまま書き進めることにする。

僕は、この時期が一番好きかも知れない。
突然、暑さが和らいだどころか、肌寒いとさえ感じる、この瞬間――――――
長袖を引っ張り出したり、朝の布団がやたらと心地好かったり……
僕には、『秋眠暁を覚えず』の方がしっくりとくる。

そう云えば、昔から、夏よりも冬にワクワクする子だった。
夏の解放感は開けっぴろげすぎて、居場所がない。
冬に感じる解放感の方が、自分の中の“本当”の部分に繋がっているように感じる。
これは、単に自分だけのイメージなのだけれど……

つまり、僕は、秋や冬に属する人間なのだと思う。

昼か夜かだと、夜に属している。
山か海で云うと、山に属している。
光か影なら、影だ。

もちろん、夏や昼、海や光が嫌いなわけでも苦手なわけでもない。
ただ、冬、夜、山、影からは安心感というか、居場所を与えて貰える……そんな気がするのだ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/185-efc99142

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。