朗毒 乱歩

.19 2016 お知らせ comment(0) trackback(0)
毒と薬の違いは紙一重でしてね、都合によっては薬が毒に、毒は薬になったりもします。つまり、何が毒で何が薬か誰も分からないのです、試してみるまでは……いかがです、お試しになりますか?もし、貴方様がその気ならば、朗毒の世界へお連れいたしましょう。さぁさ、私の手をお取りになって――――――

『朗毒 乱歩』
~江戸川乱歩の短編の朗毒怪~

原作:江戸川乱歩
上演台本・演出:緑川婦人会
読み手:林勇輔、平田朝音

◆演目◆
幻惑編:『人でなしの恋』、『火星の運河』
怪惑編:『人間椅子』、『赤い部屋』

◆日時◆
2016年11月4日(金)→13:00幻惑編、16:00怪惑編、19:00幻惑編
5日(土)→13:00怪惑編
*受付開始ならびに開場は各回開演の30分前
*完全入替制
*全席自由

◆場所◆カールモール
東京都新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F
*東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅より徒歩5分
*都営新宿線「新宿三丁目」駅C7出口より7分
http://karlmohl.net/access/

◆入場料◆
¥3,000-(別途1ドリンクオーダーをお願いします)

◆ご予約方法◆
下記メールにて、先着順で受付けいたします。以下の必要事項をご明記の上ご予約下さい。または、お知り合いの方は出演者に直接ご連絡くださっても結構ですよ。
<件名>
朗毒乱歩
<本文>
①お名前(ふりがな)
②枚数
③返信先メールアドレス
④お電話番号(万一、メールでのご連絡が取れない場合に使用)

abraxas3311@gmail.com

*必ず全員に返信致します。受信制限をされている方は、上記アドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
*3日以内に返信がない場合は、まず「迷惑メールフォルダー」をご確認ください。それでも届いていない場合は、お手数ですが、上記アドレスまでご一報ください。

乱歩ちらし案改訂版 ブログ用

乱歩ちらし裏案のコピー ブログ用


関連記事
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/213-147ce946

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR