FC2ブログ

Monster2

.04 2019 comment(1) trackback(0)
『パンピスの森』が幕を下ろして打ち上げて、二日酔いの鈍い頭で朝からぼんやりと色んなことを想っている。

昔、まだ僕が小さかった頃、よく言えば、自分の感情にとても素直な子だった。
自分の中にある、訳の解らないモヤモヤやイライラややるせなさを、そのとき居合わせた人に、そのまま垂れ流してしまう、どうしようもない子だった。
例えば、友達と映画を観に行ったとする。
映画が終わり、映画館を出た時に見える現実世界の風景に、まずショックを受ける。
なんて所に戻ってきてしまったんだ、という嘆きのようなものが湧き上がってくるのだ。
そんなタイミングで、友達が、「なんか食べに行く?」などと、これ以上ないほどの超現実を突きつけてこようものなら、勇輔少年の不機嫌スイッチが、マックスのボリュームで入ってしまうのである。
不機嫌が呼び水となり、怒りにまで達してしまう。
可哀想な、お友達……
もちろん、45年も失敗を繰り返しながら生きてきたので、ある程度の社会性を手に入れ、今ではそんなことはないが、本質は変わっていないと自覚している。

この二日酔いの朝、映画館から出てきて見えてしまった、戻りたくない世界を見ているような感覚に、久々に陥った。
心が掻き乱される感覚。
ハッピーなパンピスの森の裏腹な世界が、しっぺ返しのようにやってきた感じ。

しかし、終わってほしくない、とか、パンピスの森ロスで寂しいとか、そういうのではなく、稽古中からずっと感じていたモノが原因だろうと思う。
だったら、少年時代の“それ”とは別物で、つまり、この感覚は、当時の“それ”とは別物か。
なんで映画館の話しをしたのだろう…
ま、いっか、話を進めよう。

今回、林愛夏ちゃんという、伸び盛りの若い俳優と共演した。
二人だけのシーンもあったし、結構、話もした。
お芝居の話なので、かなりビターな話にもなる。
パーソナルなところまで踏み込まなければならなかったり、演劇をやるって、タフな作業だ。

まぁ、そんな稽古場だった。

劇団員時代の、後輩との関係性が思い出された。
当時、とてもしんどいと感じていた。
人と関わり、モノを言うって、責任を伴う。
だから、先輩になるってしんどいと思っていた。
ましてや芝居を介した関係だから、余計に、だ。
劇団を退団して、大変なことも多いけど、とても心が楽になったのも確かだ。
好い加減でいられたから。
でも、今回の『パンピスの森』では、人にモノを言うという面倒くさい作業を、自分の中を掻き回す作業を、稽古中、そして本番中もずっとしていたと思う。
状況的に、劇団員時代のような感覚だったのかも。
だから、感じなくていいものまで過敏に感じてしまったり…
居合わせた人たちは、突発的な訳の分からない感情に自家中毒を起こしている僕と居て、戸惑ったかもしれない。

結局、本質は変わっていない……

ぼるぼっちょには三回目の出演なので、僕のそういう性質を分かっている主宰の安倍ヤスや碓井のナオちゃんは、いい具合に放っておいてくれるからいいんだけれど、初めましての方々には、本当に申し訳ない。
なんだか、そんな、もって行き場のない感情に、今朝は苛まれたのだ。
結局は、自分に対する苛立ちとか嫌悪感とか、そんなモノだ。
つまりはやっぱり、映画館から出てきた時に自分の中に起こっていた感情も、結局は、そんな自分に対する怒りだったのだろう。

自分はなんで芝居をやっているんだろう、って時々思うけど、この、どうしようもない自分をどうにかしてやりたいんだろうと思う。
ずっとこんなだな、自分。
7年前にも、こんなことを書いていた。

Monster

『パンピスの森』は、楽しかった。
結局は、芝居に助けられているのか……全てのタイミングに感謝。

関連記事
スポンサーサイト



comment

ふみ
勇輔さんの心を知って、役者さんという職業の奥深さをほんの少し感じられたのかもしれません。
私はまだ、ぼるぼっちょのお姿しか知らなくて、3回とも拝見していますが、つくづく『お茶目な爵位』がお似合いになる方だなあと感じました。
たまたま同日時に観劇していた友達と終演後に、勇輔さんのこと、ぼるぼっちょのこと、演劇のことをたくさん話しました。
ノイゼン伯爵後の公演等、タイミングが合わずい行けませんでしたが、ぼるぼっちょ以外での勇輔さんも拝見したいです。
2019.06.04 08:12

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/228-e61bf9aa

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR