Fever

.11 2012 ちょっとしたこと comment(1) trackback(0)
久々に、平均平熱(大体)36.7度を上回ってしまったようだ。
一昨日までの二日間、身体が火照るのに寒いという、例の理不尽な感覚に包まれていた。

子供の頃、大抵の流行病には片っ端からかかる、という、流行には非常に敏感な僕だったので、もちろん、発熱もかなり経験している。
よく覚えているのは、熱が出ると、とにかく温かくして汗を出し、シャツを頻繁に取り換える―――――体を冷やさない!―――――という掟である。
しかし、2年ほど生活したイギリスでは、真反対のことが行われており、度肝を抜かれた。

発熱した赤ん坊の身ぐるみを引っぺがし、水風呂にドボン!

熱くなったものは、冷やす!という、ごもっともな考え方である。
実際、それで熱が下がるらしい。

肩こりという概念を持たない国の人たちに、肩もみをしてあげた途端、肩が凝っている自分に気づいてしまい、大騒ぎになるという現象もある。
知らなければ、気づかなければ、肩こりなんて厄介なものを背負わずに済んだのに……

やはり人間というのは、思い込みの生き物なのか……

国によって常識は違う、人によって常識は違う……

常識……当たり前……?
関連記事
スポンサーサイト

comment

No Name
地球が泣いているみたいです
2012.05.11 21:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/45-2a28bba5

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR