音楽とキャンドルと空間と……

.22 2012 一日のこと comment(1) trackback(0)
今日は、朝から気分が晴れない。
やはり、天気は人間の何かに大きく作用してしまうのだろうか。
昨日に引き続き、今日も雨。
いや、やはり天気だけのせいではないらしい。
ここのところ、頓に不安がヘソの辺りを這いずり回ってくすぐったい。

この正月、初めての同窓会に参加するため、帰省した。
久々に見る顔は、どれも面影を遺しつつ、ちゃんと齢を重ねていた。
同窓生全員が参加していたわけではないが、ほとんどの連中は、仕事をし家庭を持ち、家を建て……
大きな買い物をするために、ローンを組ませてくれる、ギリギリの歳なんだとか。
だからなのか、結構な人数が「家を建てた」と云っていた。
それが羨ましいわけではない――――――が、あまりにも自分が生きてきた時間と、違う時を生きてきた人たちの中で、居場所が無かった。
こっち(東京)では、周りに居るのは、自分が進む道中で出逢う人たち。
だから、人をカテゴライズ出来るならば、同じカテゴリーに分類される人たちだ……きっと。
いや待て、人をカテゴライズしてどうする!
オレは、何か決まったものに押し込まれたいわけじゃない。
じゃ、自分の居場所は―――――?
そんなもん無いのかも。と思うと、なんだか不安になり、未だに拭えていない。

このモヤモヤをなんとかしたい!と思い、出かけた。

ラミュゼ・ド・ケヤキで行われている『宮古チック3days』というイベント。
一緒に「もの」を創っている仲間が居る場所。
彼等に元気もーらおっと!と閃いた。

宮古チック

正解だった。
心地のいい気で満ちているこの空間は、何度もリハでお世話になっている、パワースポット。
そこに集結したエネルギーまみれの面々!
美味しい宮古そばを頂き、唄い踊りました。

明日は明日の風が吹く。
関連記事
スポンサーサイト

comment

yuki
こんばんは。はじめまして。
先日のfilm fesで林さんのエリックにものすごく感情移入してしまい、他人様のブログなどで観想を共有したいなあと検索していたら、偶然にも御本人様のブログを発見してしまいました!
ひっそりと始められたのでしょうか、内緒にしときます。

私は(も)、他人の幸せを「別に羨ましくないし・・・」と自分に確認しながら生きています。そんな閉じてる日々には、良い芝居を観て心を動かすことが、大きなエネルギーになっています。林さんの演じる役にはいつも心動かされます。エンロンも楽しみにしてますね!
2012.01.23 00:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/6-914461f5

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR