My Own Private Idaho

.31 2012 映画 comment(3) trackback(0)
10月31日―――――
世間は、仮装で盛り上がっているだろうが、今日は、リヴァー・フェニックスの命日でもある。
彼の出演映画の総てを観たわけではないが、特に印象に残っているものを、声溜めに入れたいと思った。

『マイ・プライベート・アイダホ』である。

ガス・ヴァン・サント監督作品。
これを観たのは、遙か昔の、青い春の時代だが、リヴァーの切な過ぎる存在が、今でもしっかりと心に刻まれている。
ストリートで男娼として日々を送っているマイク(リヴァー・フェニックス)が、自分のアイデンティティーを探して旅する、ロード・ムーヴィーだ。
映画全体を通して数回画面に現れる“Have a nice day!”というお気楽なキーワードとスマイリーフェイス(ニコニコマーク)が、寄る辺無きマイクの人生に、なんとも云えぬ印象を落としてゆく。

今回は、昨日の『ショートバス』と違い、観ていない人の為に、あらすじをある程度説明しなければならない。
というのも、僕が、ロンドンで買ってきたこの映画の脚本を読んでみると、映画では描かれていないラストが存在したからだ。
それを紹介したいが為に、あらすじを頑張って書いてみようと思う。

主人公マイクは、ナルコレプシーを患っている。
所構わず、突然、強い眠気に襲われ、ぶっ倒れてしまう脳の疾患である。
男娼仲間のスコット(キアヌ・リーヴス)とは親友で、彼と二人で旅に出ることになるわけだが、スコットは、マイクと違い、良いとこのお坊ちゃん。
親への反抗心から、男娼に身を落としているだけのことだ。
マイクはスコットに心を寄せているのだが、気持ちを伝えるも成就することなく、旅は続いてゆく。
そうこうしている内に、スコットは旅先で出会った女性と恋に落ちる。
傷心のマイクに、自身の出生の秘密が明らかになることで、運命は追い打ちをかける。
なんと彼は、実の母親と兄の近親相姦によって生まれたのだった。
う~、あまりにもショック過ぎる……
更に、想い人のお坊ちゃまスコットには、彼女と親元に帰り結婚することを告げられる。
ダメージの嵐。
まだまだ神様は赦してくれず、ホームレス仲間が死んだり……
兎に角、ズタボロである。
そして、ラストシーン―――――
ちょうど、そこだけを切り取った動画がアップされていた↓
動画は、親元に帰ったスコットが、後継ぎの帰還と共にこの世を去った父親の葬儀を挙げているシーンから始まっている。
奇しくも、傍らでは、マイク達のホームレス軍団が、死んだ仲間の弔いをしているのだ。
過去に棄ててきた、かつての仲間を横目に見ているスコットは、何を思っているのか。



こんな駆け足ザックリあらすじ説明では、このラストシーンの切なさを感じるところまで、到底追いつかないだろうが、書かねばならぬ!
リヴァーの弔いの為に!!
映画では、悪い奴らに身ぐるみを剥がれ、一文無しで道に置き去りにされたマイクを、次に現れた別の誰かが、残酷にもさらって行ったのだろう…ところで終わっている。
今の僕なら、このシーンをかなり深読みするのだろうが、当時の僕は、このラストが、あまりにも救いの無いように見えた。
しかし、後に、脚本を手に入れた僕は、ラストシーンを読んで涙がちょちょ切れたのだった。
映画では、かなりの変更が施されているが、元々の脚本ではこうなっていた。



<シーン―――荒涼とした場所。一本道。アイダホ>
道を眺めている、マイク
枯草や小石が、突風に巻き上げられてゆくのを見ている
と、突然、眠気に襲われ、道端に倒れ込むマイク

マイク(声)   
僕みたいに、帰るべき故郷が無いと感じている奴はいっぱい居ると思う。故郷、つまり、ママが居てパパが居る場所さ。



マイク(声)
でも、故郷なんてどこにでも作れるもんだよ。っていうか、どこにでも見つけられる……僕の故郷は、ここ。この道端さ。前にも来たことがある。そう、前にも一度、この場所に来たことがあるってだけの話しだけどね。

一台の車が、マイクが寝ている横を通りかかる
向きを変え、マイクの横で停車する車
車から降りてきた人影が、マイクを車に乗せ、やがて走り始める

マイク(声)
神様は僕に微笑みかけてはくれず、ひどい仕打ちをするって感じる時があるんだ。かと思ったら、微笑んでくれていると感じる時もある。ちょうど、今みたいに。そう、神様は僕に微笑んでくれている、たった今―――

<シーン―――車中>
スコットが車を運転している
助手席で眠っているマイクを、ちらりと見るスコット

<シーン―――荒涼とした風景>
一本道を消えてゆく車

――――――The END

(思い込み訳 by 安 慈影良)



もう一度、書く。
こんな駆け足説明では、観ていない人にとっては、なんのこっちゃ解らんだろう。
しかし、それでいいのだ。
リヴァーへの、個人的な弔いの為なのだから。
個人的なものを、公の場へ持ち込むなと云われそうだが、いいのだ。
この映画を観た人も居るかも知れない。
その人とは、想いを共有出来るのだから。

敢えて、多くを描かなかったガス・ヴァン・サント監督に拍手。

1993年10月31日――――――リヴァー・フェニックスが、この世を去った日

img025_convert_20121031183610.jpg


関連記事
スポンサーサイト

comment

マミー
スタンド・バイ・ミーの印象が強く、これからというときに
亡くなられとても残念です。

これからという時に亡くなられたヒース・レジャーさんの事を
思い出してしまいました!
「ブロークバックマウンテン」という映画に感動した事も
思い出しています。

もう一度、「マイ・プライベート・アイダホ」を見直してみたいと
思います。

早逝された若い才能にオマージュを!!!
2012.10.31 23:11
kn
心救われるラストシーンですね!
映画はこのシナリオを観客の想像力に委ねたのでしょうか。映画を観る心構えが変わりました。

それにしても、こんなふうに命日を思い出してもらえるなんてリヴァーも天国で喜んでいるに違いありません。
この映画を観た事はありませんが、林さんの感動は文章からじゅうぶん伝わってきました。
『SHORTBUS』とともに観てみたいです。
ジョン・キャメロン・ミッチェルも好きで『ヘドウィグ-』はDVDやサントラまで買うほどだったのに、それ以降の彼の作品に触れていませんでした。


ところで林さんはドキュメンタリー映画はごらんになりますか?
最近みた映画が衝撃的だったので、林さんならどんな感想を持たれるかな?と思ったのです。
『モンサントの不自然な食べ物』(原題:Le monde selon monsanto)
恐ろしくも、興味深いドキュメンタリーでした。東京では渋谷アップリンクで上映中です。

私は今までTPPに対してなかなか自分の意見が持てなかったのですが、
同じように感じてらっしゃる方がいらしたら参考にぜひ観ていただきたい映画です。

長くなってすみません。そして、興味外でしたらごめんなさい。
2012.10.31 23:14
ラスカル
突然のコメント申し訳ありません。
マイプライベートアイダホのラストについてもやもやとしながらも色々な方の感想を読み、
折り合いをつけようとしていた中、こちらを拝見して思わずコメントしてしまいました。

思い違いも甚だしいかもしれませんが、
この映画の終盤、スコットの父親の葬儀のシーンと、そこでの聖書の一文がとても気になっていたんです。
調べたところマタイ福音書の第6章の一文らしいと。

この世は拠り所を求めての堂々巡り。
この世の富を追うのでは無く、魂に対して良い事を追いなさい。
良い種を蒔けば良い穂を刈り取れるが、
悪い種を蒔けば悪い穂をまた自分で刈り取らねばならぬ。云々。

と、反抗していた父親の葬儀で、後継者として立派な服を着て綺麗な奥様を連れたスコットに投げかけられる。
スコットはマイク達を気にしながら何度か目を逸らし、しかし最後はマイクを見つめたままで終わる。
そんなシーンでしたが、これで最後はスコットだったらとても救いのあるラストなのに!とずっと思ってたんです。
何気ないシーンでしたがボブはスコットからオヤジの首をはねる仕事を授かってたわけですし、最後のボブの葬儀でそれが発揮されていたなら、オヤジがスコットに唯一残した財産を絶ってきたというのも頷けて、スコットのメイドの話、「どこへ?」、、「良い1日を!」が最後のテロップに繋がると一人勝手に思ってました。
得たいものを得られなかった若者二人が、本当に大事にすべきもの探しに行くのかな、
本当に「Have a nice day!」スコット&マイク!
....なんて。

これも私のこじつけにしかならないかもしれませんが、一人とってもすっきりとした気分になりました。
長々とすみません、思わず嬉しくなってしまって。
ありがとうございました!
コメント方法がわからず、連投になっていたらすみません!
2015.02.23 20:36

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://yoosque.blog.fc2.com/tb.php/88-5bfacf26

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR