スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風が来るたび、思い出す

.29 2016 comment(0) trackback(0)
猛烈な勢力を蓄えた台風10号が、日本列島目掛けてやって来るという。
関東エリアも、今日あたりから暴風域に入るのかと身構えていたら、抜けるような青空……拍子抜けである。
しかし、東北地方が大変だ。
これ以上、甚大な被害など、出ませんように。

そんな台風騒動の中、思い出すことがある。

僕が小学生の頃、ある日、台風がやって来た。
小学生にとっては、台風は一つのビッグイベントであった。
というのも、なぜだかワクワクするのだ。
学校が休みになるかも知れないし。
子供の頃の僕の心配事項など、その程度だった。
おめでたい。

あの日の台風も相当なもので、僕の住む香川県は朝から暴風雨に晒されていた。
四国山脈のお陰で、滅多に香川の方まで台風がやってくることなど無かったので、讃岐人は、他県に比べて、自然の怖さを知らない県民かも知れない。
僕は、ワクワクしていた。

「学校休みや!」

しかし、連絡網を伝い回ってきた情報は、僕ら小学生を落胆させた。
なんと、

『通常通り学校はあります。気をつけて登校してください』

何!?
こんなに強い雨風の中、か弱い小学生を登校させるだと!?!
なんて学校だ!
ブリブリ言いながらも、決まりには従わなければならず、渋々、家を出たのである。

学校に着くと、登校できない生徒たちが多いことが判明。
家が遠い子達は、親が行かせなかったのかも知れない。
台風は、衰える気配もない。
二時間目が終わった頃だったと思う。
先生が、こう言った。

「台風が来ていて危ないので、今のうちに家に帰りましょう。学校は、午後はお休みになります」

おおおおおおいいいい!!!!
大人よ!あんたたち間違ってるぜ!!
暴風雨の中、生徒たちを登校させ、また暴風雨の中、下校させる。
あぶねぇよ、その方がよっぽどあぶねぇよ。
今、思い返しても、あの日、なぜ学校側は生徒を登校させたのか……謎なのである。

関連記事

スナック『舞台裏』~クラウン編~のお知らせ

.21 2016 お知らせ comment(0) trackback(0)
国と国の間にはイミグレーション。此の世と彼の世の狭間には閻魔殿。虚構と現実の狭間には……そこに在るのは、舞台裏。どこでもない場所、舞台裏。そんな辺境に一夜限りのスナックが開店!!どなた様もいらっしゃいませ~~~~~

◆営業日時◆
2016年9月30日(金)
18:30開店
21:30閉店
*営業時間中、何時にご来店頂いても大丈夫です
営業時間内に、役者たちによるお楽しみコーナー「クラウン編」あり(一回目:19:30頃、二回目:20:30頃を予定)

◆当日従業員◆
林勇輔
太田友城
平田朝音

◆入場料◆
¥3,000-(別途1ドリンクオーダーをお願いします)
*お食事のご用意も御座います

◆場所◆
カールモール
新宿区新宿1-34-13 貝塚ビル1F(旧新宿厚生年金会館前のビル)
Tel: 03-3352-9808
http://karlmohl.net/access/

◆ご予約方法◆
下記メールにて、8月21日(日)18:00より先着順で受付けいたします。以下の必要事項をご明記の上、ご予約下さい。

<件名>
スナック舞台裏
<本文>
①お名前(ふりがな)
②枚数
③返信先メールアドレス
④お電話番号(万一、メールでのご連絡が取れない場合に使用)

abraxas3311@gmail.com

*必ず全員に返信致します。受信制限をされている方は、上記アドレスを受信できるよう設定をお願いいたします。
*3日以内に返信がない場合は、まず「迷惑メールフォルダー」をご確認ください。それでも届いていない場合は、お手数ですが、上記アドレスまでご一報ください。

スナック舞台裏クラウン編 resized
関連記事

四大欲求

.21 2016 ちょっとしたこと comment(0) trackback(0)
「役者さんなんだぁ。好きなことを仕事にできてていいね」

と、よく言われる。
確かにそうだけど……何か違う。
「好き」だけではない、何か……
なんだろう…と、随分前に、自分の中を探ってみたことがある…
すると、あるものに行き着いたのだった。
とても腑に落ちた。
僕が行き着いた「あるもの」、はたまた「何か」の正体、それは――――――欲求。
人間の三大欲求、「食欲」、「睡眠欲」、「性欲」と同等の欲求が、もう一つあるのだ。

それを、「表現欲」と命名してみた。

ごく希に、お芝居や映画を観て、「感動した」とか「つまんなかった」…ではなく、
「あちら側に行きたい!!」
と思ってしまう人間がいるのである。
そういう人間には、食べられない苦しみ、睡眠を取れない苦しみ、性的禁欲を強いられる苦しみと同じように、この得体の知れない欲求を何とかしないことは、とてつもない苦痛なのだ。

はて、ここで疑問が頭を擡げる。
では、それ以外の大抵の人は、三大欲求で事足りるのだろうか――――――?

芝居をしたり、音楽をしたり、絵を書いたり、文章を書いたり、芸術をするのは人間だけだ。
そしてそれには、観る側と観られる側がある。
観る側は、観るという行為によって、「表現欲」を満たそうとしているんじゃなかろうか。
舞台上の役者や歌手、ミュージシャン、ダンサー、はたまた芸術家の作品を観て、自分の中に在る「何か」と重ね合わせ、心の旅をする。
それによって心を動かされ(全く何も動かない時もあるが…)、「何か」が満たされる。
つまらないものを観た時は、ブーイングや酷評を下す。
だって、「何か」が満たされないから、憤りや苦痛を感じるわけだ。
そして、それを表に現さないと、何らかの支障が出るだろうことが想像できる。
だから、言葉や態度、行動によって吐き出す。
で、またそれを受ける人間がいて……
表現によって、エネルギーの交流と連鎖が生まれる。
つまり、他者との関係が無ければ、表現は成立しない。
シャカイを形成する人間は、人と繋がっているという意識が無ければ、生きられないのじゃなかろうか。
だから、人との繋がりを感じられる「表現」という行為は、人間には不可欠だ。
……はい、気付いておりますよ…なんだか、「表現」という言葉の捉え方と意味がかなり広がってきてしまい論点がズレ気味……
だけど、こうなったら強引に言ってしまおう!
やはり、観る側にも「表現欲」はある!!
つまり、誰にでも「表現欲」はある!!!


ふゅ~~~~~


人間しかやらないという意味では、スポーツもそうだけれど、これは表現なのだろうか。
そういえば、よくスポーツ選手のインタビューで、
「いいパフォーマンスができた」
という言葉を耳にする。
特にプロフェッショナルや有名なスポーツ選手になればなるほど、観客やファンに“観られる”という感覚が強いだろう。
となると、パフォーマンスという言葉が出てくることに、なんの違和感もなくなるが、依然、スポーツが「表現」なのかどうかは、分からない。
でも、人間しかやらない、人間には必要なものであることは確かなようだ。
余談だけれど、英語では、スポーツも楽器も芝居も「play」を使うんだよな…と、ふと想ったりした。
無関係ではいられない何かがあるのかも知れない。

さて、じゃあ観る側と観られる側は、どう決まるのか――――――
これは、自分が何を選択しているか、によって決まってくるのではなかろうか。
僕は、役者をやることを選択した。
否、
「あちら側に行きたい!!」
と思ってしまった。

まさに、“欲求”なのだ。

じゃ、観る側を選択した人との違いは…
もしかしたら、役者になろうなんて人間は、表現欲が“強い”、というより、“特殊”なのかも知れない。
性癖のようなものかも………ん?待てよ。
性癖で説明がつくなら、やはり「三大欲求」でいいのか?!?

否、違う!
人間には、絶対、表現欲なるものがあるはずだ!
観る側にも、満たされないと苦痛を伴う表現欲が!
表現には、しばしば、否、必ず感情が伴う。
表情筋を動かし、笑い、時には涙を流す生き物の、性(さが)なのだ。
関連記事

ト或る役者が、大晦日、憂鬱に苛まれること

.31 2015 comment(0) trackback(0)
人生綱渡り。

渡る綱すら無くなり、もうダメかと思ったその時、細い糸一本で助けられる。

「た、たすかった……」

これでもかと云う程の感謝溢れる反面、俺何やってんだと自暴自棄。

人を感動させたところでなんになる?

楽しませたところでなんになる?

媚を売らなきゃ飽きられる?

いいモノを創り続ければ……なんて綺麗事?

そんな馬鹿なと思ってみても、現実はやはり残酷だ。

ってか、いいモノを創れていないんじゃねぇの?

お前の創るモノなんて、大抵の人は求めてないんじゃねぇの?

否、いるさ、求めてくれる人。

だから、ありがとう。

でも、なんだか…

なんだかな………

とりあえず、来年は、生活の立て直しをするか。

日々、綱渡りの生活にも疲れた。

売れる物も、もう無い。

ご飯が食べられて、表現に必要なインプットも出来る生活。

それだけで、いい。

今更、お風呂のある部屋に住みたいなんて贅沢は云わない。

あ、そうそう、まだあった。

好きな人たちと一緒に過ごせるチャンスを、金欠のせいで逃さなくて済む生活。

そして、恩をくれた人達に、ちゃんと恩を返せる生活。

これ、大切。

与えて貰ってばかりで、俺何やってんだ。

来年は、役者業を暫く休んで生活苦を解消しよう。

と、腹を決めようとした矢先、ト或る役者は、来年、役者生活20周年だと気付いてしまう。

「嗚呼、俺、何やってんだ」

関連記事

満天星への誘い

.14 2015 お知らせ comment(0) trackback(0)
12月25日、朗読劇『霧野仙子』が、新宿梁山泊の根城、“満天星”で幕を開けます。
もっと厳密に云うと、満天星のカフェスペースで行われるのですが…
初めての方の場合、此処へ辿り着く前に、割と大きめの不安に駆られること必至だと思われるので、道案内をしておこうと思います。

【東中野駅】からの道案内で御座います。

先ず、JRだと西口、大江戸線だとA1出口から出る。

1.jpg

駅前を走る山手通りを横断。
渡った先にはファミリーマート(写真ではエイブルの看板下がファミマ)。

3.jpg

その右脇の「ギンザ通り」商店街を抜けてゆきます。
寄り道しなけりゃ、5~6分で抜けられる商店街かと。
ギンザ通りの出口左手にはローソンがあります。

4.jpg

抜け切ったら、早稲田通りにぶつかるので、横断して、そのまま直進。
緩やかな下り坂になっています。

5.jpg

しばらく下ると、左手に「ピザーラ」。

7.jpg

ピザーラを境に、今度は上り坂になってきます。
そのまま道なりに前進。

6.jpg

坂の途中、左手前方に「セブンイレブン」が見えてきます。
道を挟んだお向かいさんは、「宝泉寺」。
宝泉寺の右脇の道を入ってゆきます。

8.jpg

こんな感じの道。
右は団地の駐車場。

9.jpg

途中、「境妙寺」があり、道が二股になっていますが、左の道を進みましょう。

10.jpg

左手壁の向こうは、お墓様。
怖くな~い、怖くな~い。
もう少しです。
正面に見えてきた団地が、ゴールデンマンション。
この地下に満天星が在ります。

11.jpg

突き当たりまで来たら、右折。

12.jpg

すると、すぐに緑の舗装がされた駐輪場があるので、そこを入ってゆきます。

13.jpg

はい、入口。
左がゴールデンマンションの入口で御座います。

14.jpg

階段を下りましょう。

15_201512140301133e7.jpg

16.jpg

17.jpg

あ!「新宿梁山泊」の看板がありました!!
正面の白い扉ではなく、右手入口からどうぞ。

18.jpg

到着!と思ったでしょう?
残念でした、まだ階段は続くのです。

19.jpg

はい、ここが入口で御座います。
ここを下りきったところに、満天星☆

20.jpg

チーム牡羊
牡羊チーム

チーム牡牛
牡牛チーム

今年お正月の初演でもご一緒したチーム牡羊の荒田翔子ちゃんと、チーム牡牛の小川愛理ちゃんは、共に21歳なんだとか。
僕が20歳の時生まれた、お子たち。
そんな親子ほど歳の離れた彼女らと紡ぎ出しますのは、やなせたかしさんと宇野亞喜良さん、二人の天才が創った最初で最後の大人の絵本、『霧野仙子』で御座います。
今回、金守珍さんが監修してくださり、初演とは、全くの別物に仕上がっております。
年明けには、再び初演と同じ会場、「Le Temps」で上演しますが、此処、「満天星」はまったく性質の違う会場のため、自ずと演出も変わるというものです。
何度も云います。
初演とは、別物。
面白いことになっております!!
先ずは、年内、満天星でお待ちしております。

★朗読劇『霧野仙子』ご予約はこちら→http://www.project-nyx.com/
関連記事

Profile

yoosque

Author:yoosque
林勇輔――――役者
1974年5月16日(木)、疳の蟲を身体いっぱいに抱え、この世に生まれ出ずる。
<幼年期>
蟲たちは、勇輔の故郷、讃岐の民間療法により体外に誘き出され駆除されたかに見えたが、未だ体内に巣食っている模様。
<少年期>
好き嫌いが多く、この世で食べられるものが少なかった。
<青年期>
中途半端な生き方を謳歌する。芝居に出逢う。
<壮年期に差し掛かる、現在>
2012年1月12日(13日の金曜日イヴ)、突然、“声溜め”を公開することを決めた。

Back Numbers

Latest Comment

Latest Trackback

Archives

Categories

Visitor

フリーエリア

Search

RSS Links

Links

Application form for BLOTOMO

QR Cord

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。